弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

英国医薬品庁は電子タバコを医薬品として認可する?

WSJ「インペリアル・タバコ、電子たばこの医薬品認可へ当局と協議」(2014 年 10 月 10 日)は,次のとおり,報じました.

「【ロンドン】英たばこ大手インペリアル・タバコ  IMT.LN -1.99% は、電子たばこの医薬品認可取得に向けて英保健当局と協議を進めている。同社幹部が明らかにした。

 大手たばこ会社の間では、電子たばこに対して政府の後ろ盾を得ようとする動きが相次いでおり、インペリアル・タバコもこの流れに沿った格好だ。

 インペリアル・タバコの複数の幹部によると、同社が非たばこ製品の開発会社として昨年設立したフォンテム・ベンチャーズが、英国医薬品庁(MHRA)と医薬品認可の条件を交渉している。

 業界アナリストらは、実現すれば電子たばこが世界で初めて医薬品としての承認を取得することになると指摘した。禁煙を支援するニコチンガムやニコチンパッチ同様、電子たばこをたばこの代替品として売り出すことができるほか、医師による処方も可能になる。」

電子タバコも決して安全ではありません.
日本では,タバコ販売には財務省の後ろ盾があり,タバコ販売規制より医薬品販売規制のほうが厳しいので,英国と同じような動きにはならないかもしれませんが,注目です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-11 00:14 | タバコ