弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

さいたま地裁、歯科医師業務上過失致死罪で罰金80万円、2歳児が治療中脱脂綿を詰まらせ死亡の事案(報道)

さいたま新聞「治療中に2歳児死亡 「注意怠った」元歯科医に罰金/さいたま地裁」は、次のとおり報じました.
 
「2010年、新座市内の歯科医院で女児=当時(2)=が治療中、脱脂綿を喉に詰まらせて死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた青森県五所川原市十三深津、元歯科医師で無職××××被告(41)の判決公判が10日、さいたま地裁で開かれた。多和田隆史裁判長は「安全確保に向けるべき注意を怠った程度は大きく、結果はいうまでもなく重大」として罰金80万円(求刑・同80万円)を科すことを言い渡した。

 多和田裁判長は、××被告が女児の治療を行う際、脱脂綿が口腔内に落下し、気道に吸引される危険性に気付かず、落下防止措置を取らなかったと指摘。「真摯(しんし)に反省しているとは言い難い」とした。一方で、公判で女児や遺族に謝罪の言葉を述べていることなどを考慮したと量刑理由を延べた。

 閉廷後、××被告の弁護人は「これから話し合いたい。控訴の方針で検討する」とコメントした。

 判決によると、××被告は10年6月13日、当時院長を務めていた「にいざデンタルクリニック」(同年閉院)で、ぐらついた女児の歯を固定する治療を行った際、円柱状の脱脂綿2個を上唇と歯茎の間に挟んだ。その際、落下防止措置を講じなかったため、脱脂綿1個が口腔内に落下して気道に詰まり、同14日、女児を窒息による低酸素脳症で死亡させたとされる。」

上唇と歯茎の間に挟んだ円柱状の脱脂綿の落下して気道を塞ぐことを予見せず、回避措置を講じなかったことが過失とされています.
そもそも、嫌がって暴れる2歳児に治療を強行すること自体危険と思います.2歳児といえども、きちんと言い聞かせ恐怖心が落ち着いたあとで治療を行うのが普通ではないでしょうか.
判決は、治療を強行するなら、落下防止措置をとるなど安全性を確保する義務がある、という趣旨なのでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-18 00:57 | 医療事故・医療裁判