弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医師法違反で診療所元事務長・診療所元代表が逮捕(報道)

中日新聞「羽島の診療所元代表も逮捕 医師法違反、容疑を否認」(2014年10月22日)は,次のとおり報じました.
 
岐阜県羽島市の「ホテルKOYO別館」にあった診療所「陽光クリニック」の幹部らが医師ではないのに看護師に医療行為を指示したとされる事件で、県警は21日、医師法違反(無資格医業)の疑いで、元代表の津市高洲町、××××容疑者(48)を逮捕した。

 この事件の逮捕者は2人目。県警生活環境課によると、××容疑者は「医師の指示で注射を行っていた」、同じ容疑で既に逮捕されている元事務長の岐阜市今嶺、△△△△容疑者(51)は「注射については分かりません」といずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は、2人は医師ではないのに昨年7月、クリニックの看護師に対し、肝機能の医薬品を愛知県の男性(62)ら患者2人に注射するよう指示。××容疑者は昨年6月と7月、がんなど万病に効くというふれこみの厚生労働省の未承認医薬品を富山県の女性(85)ら患者2人に注射させたとされる。

 県警によると、××容疑者はクリニックで白衣を着て患者に医療の専門的な話をしており、医師だと思っていた患者もいた。県警は、××容疑者が医師を装っていた疑いがあるとみている。

 クリニックは、羽島市の健康商品販売業「高陽社」からホテルの一角を借りて昨年5月に開業し、9月に閉鎖。横浜市の医師が診療所の管理者として週1回勤務し、他の日は医師数人が交代で診療していたが、開業日の半分は医師がいなかったという。

 診療患者はがんや脳卒中、糖尿病など800~900人に上る。高陽社は海洋深層水などのマルチ商法の不正な勧誘をしたとして9月に四国経済産業局から特定商取引法違反(勧誘目的不明示)の疑いで是正指示を受けており、県警はクリニックとの関係を調べる。」


産経新聞「がんでも何でも効く」白衣姿で未承認経口薬販売か 医師法違反容疑の男ら 岐阜」(2014年10月22日)は,次のとおり報じました.

「医師資格がないのに看護師らに注射を指示したとして岐阜県羽島市の診療所「陽光クリニック」の元代表ら2人が逮捕された事件で、元代表らが「がんだけじゃなく、何でも病気が治る」と言って患者に液体状の経口薬を販売していた疑いがあることが22日、県警や元患者への取材で分かった。

 県警は未承認薬だった疑いがあるとみて、薬の入手経路を調べている。

 捜査関係者などによると、医師法違反(無資格医業)容疑で逮捕された元代表××××容疑者(48)らは「がん細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞を活性化し、がんだけでなく、万病に効く」と説明し、患者たちに「ネオイオダイン」という名称の経口薬を販売していた。 胃がんのためクリニックに2週間通った中部地方の70代の女性は、6本1セットになった経口薬を120万円で購入していた。

 ××容疑者も白衣姿で薬の効用や治療法を説明しており、医師だと思い込んでいる患者もいたという。」


偽医師は,患者に,財産的被害のみならず健康被害も生じますので,きわめて悪質です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-23 01:28 | 医療