弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

EテレハートネットTV ,“緊急報告 子宮頸がんワクチン接種後の障害”

NHKのEテレハートネットTVで,2014年12月16日に“緊急報告 子宮頸がんワクチン接種後の障害”が放映されました.
子宮頸がんワクチン接種後に,遅発性に生じる多様な症状に苦しむ患者,家族の姿が放送されました.中高生の患者が重篤で深刻な症状に苦しんでいるのですが,臨床医学的に不明なことが多く,有効な治療薬・治療法がなく,暗中模索の状態であることが伝えられました.
記憶障害のため両親が両親であることを忘れてしまうことに,驚きました.
治療法を早急に研究開発すべきで,現段階の「治療」は研究のためですので患者の負担を無くすべきではないでしょうか.
有効性と安全性を確認できたワクチンについてのみ接種を実施することはもちろんで子宮頸がんワクチンは果たして安全か検討が必要ですが,すくなくとも子宮頸がんワクチン接種後に発生した因果関係が否定できない副作用事例(その認定は緩やかでよいと思います)についての実効的な補償を急ぐべきと思いました.

再放送は,12月23日(火曜)午後1時5分~1時34分です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-17 20:50 | 医療