弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

甲府病院の放射線技師の遺族が甲府市を提訴(報道)

山梨放送「自殺の放射線技師の遺族が提訴」(2015年2月2日)は、次のとおり報じました.

「甲府市の市立甲府病院で基準を上回る放射性物質を含む検査薬が子どもに投与されていた問題で、当時、検査薬の投与を担当し、問題の発覚後、自殺した放射線技師の遺族が「病院は技師の自殺を防止するための安全配慮義務を怠った」として甲府市を相手取り、8700万円あまりの損害賠償を求める訴えを甲府地方裁判所に起こしました。

この問題は市立甲府病院で平成23年までの12年間に80人余りの子どもに当時の学会の基準を上回る放射性物質を含む検査薬を投与していたもので、当時の検査薬の投与を担当していた放射線技師(当時54歳)は問題の発覚後の平成24年3月に自殺しました。
訴えを起こしたのは自殺した放射線技師の遺族で「検査薬の投与量の設定について技師に任せきりにさせられ、問題が明らかになってうつ病を発症した。病院側は技師が自殺するかも知れないことを推測できたにも関わらず自殺を防止する安全配慮義務を怠った」などとして、病院を管理する甲府市に8700万円あまりの損害賠償を求めています。
甲府市は「今後訴状の内容を精査して市としての対応を検討したい」としています。」


甲府病院の放射線検査薬過剰投与事故の賠償問題は未だ解決していません.
放射線技師が自殺したことにより事実解明が曖昧にされてしまっているきらいがあるように思います.
この訴訟で、事実解明がすすむことを期待したいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-02 23:32 | 医療事故・医療裁判