弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

ICJ,クロアチアとセルビアのジェノサイドの訴えを棄却

国際司法裁判所(ICJ)はクロアチアとセルビアのジェノサイドの訴えをともに棄却しました.

Application of the Convention on the Prevention and Punishment of the C rime of Genocide (Croatia v. Serbia) - Judgment of 3 February 2015

集団殺害罪の防止および処罰に関する条約3条は,つぎのとおり規定しています.

「この条約では、集団殺害とは、国民的、人種的、民族的又は宗教的集団を全部又は一部破壊する意図をもつて行われた次の行為のいずれをも意味する。

(a) 集団構成員を殺すこと。
(b) 集団構成員に対して重大な肉体的又は精神的な危害を加えること。
(c) 全部又は一部に肉体の破壊をもたらすために意図された生活条件を集団に対して故意に課すること。
(d) 集団内における出生を防止することを意図する措置を課すること。
(e) 集団の児童を他の集団に強制的に移すこと。」


「全部又は一部破壊する意図をもつて」の要件を充たす証拠はない,というのが棄却の理由です.
ジェノサイドの要件は厳しいです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-04 19:24 | 司法