弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

水戸地裁平成27年2月19日判決,救急搬送先病院の診断ミスと転院先病院の無承諾検査に賠償を命じる(報道)

産経新聞「尿管結石患者死亡 「診断ミス」と病院側に3千万円賠償命令 水戸地裁」(2015年2月19日)は,次のとおり報じました.

「救急搬送先の病院での診断ミスと転院先での検査で女性患者が死亡したとして、遺族が双方の病院側に計約6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、水戸地裁は19日、診断ミスによる死亡と認め、救急搬送先の石岡第一病院(茨城県石岡市)側に約3千万円の支払いを命じた。

 検査は脳死かどうかを調べる「無呼吸テスト」で、死亡との因果関係は認められないとしたが、新谷晋司裁判長は「家族の承諾を得ておらず、患者の人格的利益を違法に侵害した」と認定。転院先の土浦協同病院(同県土浦市)側に約60万円の支払いを命じた。

 判決によると、平成23年2月、女性=当時(56)=は尿管結石で救急搬送され入院した。その後、容体が悪化して転院。自発呼吸がない状態で、無呼吸テストを受けた。同年3月、敗血症性ショックが原因の低酸素脳症で死亡した。」


 報道では経緯がよくわかりませんが,敗血症性ショックが原因の低酸素脳症で死亡したとのことですから,土浦協同病院の診断ミス(過失)はおそらく敗血症の見逃しで,それがなければ敗血症性ショックが原因の低酸素脳症で死亡することはなかったと因果関係を認定し,約3000万円の賠償を認めたのでしょう.この判決は,立証のハードルが高い敗血症性ショックについて参考になるでしょう.
2つの病院に賠償を命じるのは多いことではありません.無承諾の検査について人格権侵害を認めた点も今後の事案に参考となります.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-19 19:30 | 医療事故・医療裁判