弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京地裁平成27年3月4日判決,わざと虚偽の診断をした新宿セントラルクリニック院長に賠償命じる(報道)

朝日新聞「性感染症で「わざとうその診断」 診療所院長に賠償命令」(2015年3月4日)は,次のとおり報じました.

「性感染症にかかっているとのうその診断をされ、不要な治療を受けさせられたとして、東京都内の60代男性が、新宿区の診療所「新宿セントラルクリニック」の男性院長に約210万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、東京地裁であった。森冨義明裁判長は「院長は、わざとうその診断をした」と認め、院長に25万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2012年9月、この診療所で性感染症の検査を受け、クラミジアと診断された。治療を受けたが症状がよくならず、約3カ月後に別の医療機関で「感染していない」と診断された。判決は「検査を委託した外部機関の検査結果を院長が改変して報告書を作成し、薬を処方し続けた」と認定した。

 判決について、新宿セントラルクリニックは「お話しすることはありません」としている。この診療所をめぐっては、ほかにも2人が、同様の主張で院長に計約520万円の賠償を求める訴訟を起こしている。」


 診断ミスは結構ありますが,医師が故意に虚偽の診断を行ったことを裁判所が認定した珍しい事案です.
 事案は極めて悪質で,民事のみならず刑事も問題になり得るのではないでしょうか.

 【追記】

東京スポーツ「“性病詐欺”訴訟で原告勝訴」(2015年3月18日)は,次のとおり報じました.

「本紙が昨年報じた“性病詐欺”に司法の判断が下された。「性感染症」とうその診断をして治療を続けたとして、都内の会社役員A氏(66)が「新宿セントラルクリニック」の院長に約200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁はこのほど、院長が故意に虚偽の診断をしたと認めて25万円の支払いを命じた。判決によるとA氏は2012年9月にクリニックを受診、院長からクラミジア感染症と告げられ、抗生剤などを処方された。同12月、A氏は別の診療所で遺伝子検査を受け、陰性とされた。森冨義明裁判長は、A氏に感染症を疑う症状がなかったのにすぐ処方を始めたことや、検査結果は陰性の数値だったのにA氏には「陽性」と伝えていたことから「故意に虚偽の診断をして、不必要な医療行為を行ったと言わざるを得ない」と指摘した。新宿セントラルクリニックは「取材にはお答えできない」としている。

 これまでA氏は病院を指導するべき立場の東京都福祉保健局に被害を訴えたが、具体的な動きはなかったという。立ち入り検査の権限がある新宿区保健所は5回、クリニックを訪れたが、立ち入り検査を拒否された。医療関係者は「5回も拒否は前代未聞。しかし、それ以上やろうにも、保健所には警察のような強制力がない」と語る。

 昨夏、警視庁がA氏からの告訴状を受理している。しかし、検査結果の数値がどうであろうと“医者が病気だと診断したら病気”という医師の裁量権など、難しい点が多い事件だという。「民事訴訟の結果が出たので、やりやすくなった」と捜査関係者。なお、新宿セントラルクリニックを受診した他の男性2人も同様の訴訟を東京地裁に起こしている。

「医療問題弁護団 新宿セントラルクリニック対策班」の服部功志弁護士は「同じ被害に遭っていながら、性感染症ゆえに被害を抱え込んでしまう被害者も多数います。本件は、このような被害者の羞恥心に付け込んだ点で非常に悪質です。今後このような悪質な医療が繰り返されないよう、関係行政庁や医療界には厳重な処分を求めます」とコメントした。」



  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-03-04 21:58 | 医療事故・医療裁判