弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

吉永小百合さん朗読「第二楽章 福島への思い」

吉永小百合さんの朗読CD「第二楽章 福島への思い」が今日3月11日に発売になります
.第二章シリーズは、広島・長崎の原爆被災者の詩の朗読CDです.その延長線上に、福島の原発被災者の詩を朗読したのが「第二楽章 福島への思い」です.人類は原爆、原発と共存できない、というメッセージこめられた朗読CDです.

朝日新聞「吉永小百合さんが朗読 原発被災者らの詩をCDに」(2015年1月28日)で、吉永さんは製作のいきさつを次のとおり語っています.


「2011年3月の東日本大震災の後から、福島に関する詩を原爆詩の朗読と一緒に読むようになってきました。最初は6月に三宅一生さんから『東北の底力』という展示を東京ミッドタウンでやりたいんだけれども、その時に詩を朗読してもらいたいというご依頼がありました。

 一生さんは前から、原爆詩の朗読をしてほしいというご依頼をして下さっていたんですけれども、そのご依頼の時に、「こういう詩があるんだけど、読めないでしょうか」と言って、和合亮一さんの2冊の本を私に託されました。その中から初めて和合さんの詩をミッドタウンで読んだんです。

 そしてその後に、佐藤紫華子さんという女性の方が自費出版された「原発難民」という詩を送って頂いたり、子どもたちの詩を読む機会があったり、いろんな形で福島の詩と向き合ってきました。そして読んでいるうちに、これをCDにできたらという思いが募りました。

 その時に、このCDはやっぱり日本で今起きている、まだ解決していない、大変な苦しい思いをされている方たちの詩なので、日本の音楽をぜひご一緒にと思いました。それで(尺八演奏家の)藤原道山さんにお願いして音楽を付けて頂いたんです。」


若い方はご存じないかもしれませんが,吉永小百合さんは,今でいうと綾瀬はるかさん、新垣結衣さんのような人気女優でした.


  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-03-11 02:53 | 脱原発