弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年度無煙映画大賞

映画に喫煙シーンがあると,映画自体にも不快感を覚えてしまいます.
その喫煙シーンのために,俳優,スタッフなど本来不必要な能動喫煙・受動喫煙があったと思うと残念でなりません.
かつては,喫煙シーンでタバコが肯定的に表現され,広告の役割を果たしていました.いまでも,喫煙者は喫煙シーンを見ると喫煙を誘導されるとのことです.
そのようなことから,喫煙シーン等のない無煙映画をひろめていきたいと思います.

2014年1月から12月に公開された日本語映画(ただしアニメと時代劇を除く)から選出された2014度無煙映画大賞は以下のとおりです.

無煙映画大賞作品賞 「魔女の宅急便」(実写版) 
無煙映画大賞主演女優賞 榮倉奈々さん 
  出演作品「わたしのハワイの歩きかた」,「ミラクル デビクロくんの恋と魔法」
無煙映画大賞主演男優賞 錦戸亮さん 
  出演作品「抱きしめたい 真実の物語」
無煙映画大賞監督賞 周防正行さん 監督作品「舞妓はレディ」
無煙映画大賞ファミリー賞 「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」
無煙画大賞特別賞  「圧殺の海 沖縄・辺野古」

詳細は「2014年度無煙映画大賞選考理由」ご参照

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-06 05:11 | タバコ