弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「三匹のこぶた」裁判

三匹のこぶた」裁判が,NHKEテレで8月10日(月)10:00~10:15に放映されるそうです.
再放送は,8月21日(金)23:25~23:40です.

三男こぶたのオオカミ殺害が正当防衛にあたるかが争点のようです.

ちなみに,刑法36条1項は,「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。」としています。

最高裁昭和52年7月21日判決は,「刑法三六条が正当防衛について侵害の急迫性を要件としているのは、予期された侵害を避けるべき義務を課する趣旨ではないから、当然又はほとんど確実に侵害が予期されたとしても、そのことからただちに侵害の急迫性が失われるわけではないと解するのが相当であり、これと異なる原判断は、その限度において違法というほかはない。しかし、同条が侵害の急迫性を要件としている趣旨から考えて、単に予期された侵害を避けなかつたというにとどまらず、その機会を利用し積極的に相手に対して加害行為をする意思で侵害に臨んだときは、もはや侵害の急迫性の要件を充たさないものと解するのが相当である。そうして、原判決によると、被告人Aは、相手の攻撃を当然に予想しながら、単なる防衛の意図ではなく、積極的攻撃、闘争、加害の意図をもつて臨んだというのであるから、これを前提とする限り、侵害の急迫性の要件を充たさないものというべきであつて、その旨の原判断は、結論において正当である。」と判示しています.

「三匹のこぶた」裁判では,三男こぶたがオオカミ侵入の機会を利用し積極的に加害行為をする意思で侵害に臨んだか否かの事実認定が問題になるのでしょう.

ところで,「三匹のこぶた」には逆バージョンの絵本があります.
「3びきのかわいいオオカミ(The Three Little Wolves and the Big Bad Pig)」(冨山房)は,犯罪学者のユージーン・トリビザス氏と絵本作家のヘレン・オクセンバリー氏の作品です.
オオカミたちは,一緒に,レンガの家,コンクリートの家,鉄の家を建てます.
悪い大ブタは,ハンマー,電気ドリル,ダイナマイトで,それらの家を壊してしまいます.
オオカミ3兄弟は,最後に花の家を造ります.日本国憲法9条と同じ考えかたです.私には納得です.


NHKEテレですが,8月11日(火)10:00~10:15,再放送8月21日(金)23:40~23:55は「カチカチ山」裁判です.実刑か執行猶予かが争点のようです.

8月12日(水)10:00~10:15,再放送8月28日(金)23:30~23:45は,「白雪姫」裁判です.王妃は犯行を否認し,有罪,無罪が争われるようです.王妃が真行寺君枝さん,白雪姫が小林涼子さんです.


 谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2015-08-09 11:19 | 趣味