弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

甲府市,市立甲府病院の過剰投与事件で補償方針発表

共同通信「甲府市、検査薬過剰投与で補償へ 患者145人に」(2015年8月25日)は,次のとおり報じました.

「甲府市立甲府病院で2011年に明らかになった放射性物質入り検査薬の過剰投与問題で、甲府市は25日、精神的な負担に対し患者1人当たり30万円を支払うなどとした補償方針を発表した。

 市によると、対象となるのは1999~2011年、甲府病院の腎臓検査で基準を超える量の薬を投与された当時15歳以下の145人。うち84人は投与量が多く、基準の2~40倍だった。

 市は30万円のほか、今後50年間をめどに、年2回実施する定期健康診断の受診料や交通費を負担する。補償金額は総額6千万円。」


 真相解明と被害補償,どちらも十分ではないように思います.
  

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-25 22:09 | 医療事故・医療裁判