弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

群馬大学医学部附属病院の改革委員会,中間報告

群馬大学医学部附属病院の改革委員会が2015年10月26日,中間報告をまとめたことが報じられています.

朝日新聞「組織体質・執刀医を批判 群馬大病院問題、改革委が中間まとめ」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

「問題が起きた背景に、同じ治療をするのに別の2組織がそれぞれの指示系統で協力なく運営されていた点や、病院長や診療科長が指導力を発揮できない状況、改善されなかった診療体制、他部署から問題を指摘できないような安全管理体制や病院全体の風土も要因に挙げた。
 一方、執刀医については「医療行為は人間の尊厳を傷つけないもの。当該医師は人間の尊厳を全く尊重しているとは思われない。適格性を疑わざるを得ない」と非難している。
 病院では改善に向け、二つの外科は外科診療センターにまとめられたが、大学の研究体制は二つのまま維持されており、まとめでは「今後十分な機能を発揮できるかどうかについては大きな疑義がある」と指摘し、今後も徹底的な検討が必要だとした。」


産経新聞「群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

「改革委の木村孟委員長は「一番の問題は低質な医療が提供され続けたことを病院が問題として認識できなかったことだ」と指摘し、病院だけでなく同大医学部医学系研究科も含めた組織改革の必要性を訴えた。
 改革委の提言は、執刀医を「医療従事者として適格性を疑われる医師」と指摘し、その上で、執刀医が所属していた旧第2外科の肝胆膵部署が閉鎖的・属人的で、体制的欠陥を伴っていたと問題の背景を分析した。旧第2外科と第1外科は肝臓など扱う臓器が同じでありながら、今年4月に統合されるまで、別々に組織運営されてきた。それは医学部の医学系研究科内で、専門が重複する外科学第一と外科学第二が存在したことに由来し、両科はそれぞれ、外科学第一、外科学第二を担当する教授の指揮命令系統に入っていた。
 提言は、この診療体制がスタッフ数に見合わない数の診療行為を行う背景にあり、加えて診療科長の指導力不足がカンファレンス(症例検討会)の機能不全やカルテの記載不十分などをもたらしたと説明した。
 木村委員長は病院のガバナンス(統治)の問題点として、診療科の独自性が非常に強いことを指摘しながら、「病院長も含め、指導をはじめからあきらめていたと見受けられる」とも述べた。その上で、現在も医学系研究科内で、診療体制とは矛盾する講座があることを指摘し、「根本的問題が積み残され、今後、十分機能を発揮できるか大きな疑義が残る」と強調した。」


読売新聞「群大術後死、指導力不足で医療の質低下…改革委」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

 「改革委は、問題が起きた最大の要因として、患者の死亡が相次いだ第二外科と、第一外科が同じような手術を行いながら互いに協力せず、非効率で十分な安全管理がしづらい体制だったことを挙げた。指導力のない診療科長の下で、資質に欠ける医師が過剰な数の手術を一手に引き受けた結果、医療の質が低下し、死亡例が続発したと批判した。
 病院に安全管理部門はあったが、問題を把握できる仕組みになっていなかったと指摘。群馬大出身者が多く、閉鎖的で物を言えない風土もあったとして組織改革を進めるよう注文した。
 木村委員長は「病院長や診療科長が指導力を発揮しようとした証拠もなく、病院としての統率が取れていなかった」と批判した。
 田村遵一病院長は「指摘は非常に的を射ており、心から反省している。真摯に受け止め、早期に改革したい」と述べた。
「(問題点)
▽第一、第二外科が独立運営され協力体制がなかった
▽スタッフ数に見合わない数の手術を行っていた
▽適格性を疑われる医師が主要構成員として存在
▽病院長や診療科長(教授)が指導力不足だった」


WSJ「「発言しにくい風土」改善要求=群馬大病院の改革委が中間報告」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

「改革委は、患者の診療方針が合議ではなく、担当教授のみによって決定されるなど、「医療行為が閉鎖的、属人的になっていた」と指摘。患者の死亡が相次いだ原因に「体制的欠陥」を挙げた。
 こうした問題の背景には、医師の多くが同大出身者で占められることに由来する特異な風土があるとした。師弟関係の中で口が出しづらい状況が生まれ、「改革ができず、患者本位の医療など時代の流れに取り残される結果となった」という。
 改革委は「現場の声、特に若手の意見を取り入れる」形での意識改革などを進めるよう提言。改善策の進捗(しんちょく)状況を公表することも求めた。」


TBS「群馬大病院改革委「背景に先輩に発言しにくい風土」」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

「改革委員会は、背景に「医師の多くが大学出身者で占められ、大学特異の文化が構築され、先輩・恩師に対し発言しにくい風土が出来上がっていた」と指摘。「改革ができない状況が固定化し、チーム医療や患者本位の医療など、時代が要請する流れに取り残された」としています。」

共同通信「改革委、現場との意思疎通強化を 群馬大患者死亡で」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

「木村孟委員長は問題の背景に関して「男性医師は死亡事故後も医療行為を続けており、適性を疑う。人間の尊厳を尊重していると思えない」と指摘。旧第1外科と旧第2外科が独立し、医師らの協力体制も整っていなかったと批判した。」
 これらを踏まえ、病院長や診療科長ら幹部が現場の医師や看護師らと積極的に意思疎通し、問題を指摘しやすい体制を作るよう提言した。」


毎日新聞「群馬大病院:「労働負担が大」患者死亡で改革委が中間提言」(2015年10月27日)は,次のとおり報じました.

「死亡例が集中した旧第2外科の肝胆膵(かんたんすい)チームについて「見合わない数の診療や手術をこなしていた。労働負担が大きかった可能性がある」と指摘した。

 改革委は外部の有識者7人で構成され、5月からヒアリングや現地調査を重ねてきた。提言では、病院の構造的問題として「群馬大出身者が多く、先輩や恩師に口を出しにくい閉鎖的な風土だった」とも指摘。記者会見した木村委員長は「執刀医はインフォームドコンセント(説明に基づく同意)が不十分で、死亡例が相次いでも手術をやめず、人間の尊厳を全く尊重していない」と述べ、執刀医の個人的責任にも言及した。」

 
群馬大学医学部附属病院の医療事故の背景が次第に分かってきました.
医学部医学系研究科の外科学第一,外科学第二に対応し,病院に外科が2つあり別々に組織運営されてきたという特殊事情は背景にあるようです.
大学病院では,その大学の出身者が多く,そのため閉鎖的な体質になりやすいとすれば,他の大学病院にも多かれ少なかれ当てはまるように思います.
また,人間の尊厳を全く尊重しているとは思われない適格性を疑わざるを得ない医師は,他の病院にも少数ですが存在するのではなかいかと思います.そのような医師を指導しただしていく体制が必要です.
法律家が医療の萎縮をおそれるあまり,医療過誤についてあまりに謙抑的消極的な対応を行っていると,医療における人間の尊厳が守られないことになります.
群馬大学医学部附属病院の問題から学ぶべきとは多いと思います.

【追記】

東京新聞「群大病院手術死問題 遺族ら会見「本当のこと知りたい」」(2015年12月21日)は、次のとおり報じました.

「 「本当のことを知りたい」-。前橋市の群馬大病院で同じ男性医師による腹腔(ふくくう)鏡や開腹手術を受けた患者が相次いで死亡した問題。十九日夜に高崎市で会見した遺族とその弁護団は、執刀医らに対し、手術について遺族に直接説明するか書面で質問に回答するようあらためて要望したと明らかにした。カルテの記載は不十分な点が多く、遺族らは真相解明に向けて当事者からの説明は欠かせないと主張。来年一月十三日までに回答がなければ民事訴訟も検討するという。 (川田篤志)
 弁護団は九月、執刀医と当時の診療科長、病院の三者に、遺族を対象に説明会を開くことなどを要望。だが、病院側は学識者らでつくる第三者の事故調査委員会が調査中であることを理由にするなどし、いまだに実現していないという。今月十八日付であらためて三者に通知書を送った。
 この日の会見には開腹手術を受けた患者三人の遺族が出席し、悲痛な思いを訴えた。
 六十代の父を失った男性は「元気だったおやじが何で死んでしまったのか。本当のことを知りたいという気持ちだけで動いている」と怒りをにじませた。
 別の六十代の父を失った女性は「母たちは術前、執刀医から『手術すれば十年は生きられる』と言われた。手術以外の選択の余地がなかった」と吐露。「今は後悔しか残っていない。執刀医に真実を直接聞きたい。それだけです」と言い切った。
 弁護団の梶浦明裕弁護士は「診療記録には記載がない部分が多い。執刀医の思考過程が分からず、記載に矛盾もある。当事者からの説明が不可欠だ」と指摘。「遺族に直接説明がないのは診療契約に基づく報告義務の不履行で、これ自体が違法。速やかに対応してほしい」と求めた。
 この日は病院側が設けた第三者調査委による遺族への聞き取りもあった。
 だが、問題が発覚した当初に公表された、男性医師の腹腔鏡手術を受けた八人と開腹手術の十人の計十八人の遺族が現時点での対象とみられ、病院側は今年八月、この医師が赴任した二〇〇七年までさかのぼり、調査委に対して新たに示した死亡事例十二人の遺族に聞き取りが行われるかは不透明。会見に出席した遺族で、二十代の妹を亡くした男性もそのうちの一人で、「公平に全ての事例を対象にするべきだ」と求めた。」



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-10-28 03:09 | 医療事故・医療裁判