弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

高知県立幡多けんみん病院,骨折手術で神経損傷2000万円賠償(報道)

RKC高知放送「県立幡多けんみん病院で医療ミス」(2015年12月4日)は,つぎのとおり報じました.

「宿毛市の幡多けんみん病院によると、去年8月、腰の骨を折った患者に対し骨折を治すための手術をした際、執刀した医師が手術器具で神経を傷つけたという。手術のあと患者は右足に麻痺を起こし、再手術もしたが麻痺は残ったままという。幡多けんみん病院の橘壽人院長は「ご本人やご家族に多大なご心痛やご迷惑をおかけしたことに対し深くお詫び申し上げる。再発防止をはかり、県民の皆様の信頼回復に努める。」とコメントしている。県はこの医療ミスで患者に対し慰謝料など2000万円あまりを損害賠償金として支払った。」

この件は,私が担当したものではありません.神経損傷は医師個人の技術的な問題に依拠する面もありますが,必ず背景事情があるはずでしょうから,信頼回復のために,調査委員会を設け,再発防止策を検討していただきたいと思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-12-05 02:33 | 医療事故・医療裁判