弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

新潟県立坂町病院、37年間体内にガーゼ遺残、肉芽腫形成

東京新聞「37年間体内にガーゼ、新潟、手術で置き忘れ」(2015年12月18日)は次のとおり報じました.

「新潟県立坂町病院(新潟県村上市)は18日、37年前に十二指腸潰瘍の手術をした患者の体内にガーゼを置き忘れるミスがあり、今年11月に手術で摘出されたと発表した。患者は県内の60代男性で回復している。病院側は経緯を説明、謝罪した。

 病院によると、男性は30代だった1978年7月に十二指腸と胃の一部を切除する手術を受けた。今年6月、別の病院で尿管結石の治療のため検査した際、腹部に腫瘍が見つかり、さらに別の病院で11月に腫瘍を切除した結果、内部からガーゼの塊が見つかった。

 腫瘍は体を守るため異物の周囲に細胞が集まって形成される肉芽腫だった。(共同)」



NHK「37年間患者の体内にガーゼ」」(2015年12月18日)は次のとおり報じました.

「新潟県村上市にある県立坂町病院で、37年前に行った手術の際、患者の腹部にガーゼを残す医療ミスがあったことが分かり、病院は患者と家族に謝罪しました。

これは18日、新潟県村上市にある県立坂町病院の鈴木薫院長が、記者会見して明らかにしたものです。
それによりますと、先月、下越地方に住む60代の男性が、入院していた別の病院で腹部にできた腫瘍を切除する手術を受けたところ、ガーゼ1枚が見つかったということです。
この男性は、37年前の昭和53年に県立坂町病院で十二指腸潰瘍の手術を受けていて、男性が過去に腹部の手術を受けたのはその時だけだったことから、ガーゼは、その際に残されたものだと分かったということです。
県立坂町病院は、このあとすぐに男性と家族に謝罪したということです。
病院によりますと、男性はすでに退院し、今のところ健康への影響は確認されていないということです。
病院では、現在、手術で体内に異物が残ることを防ぐ対策として、ガーゼの枚数の確認や手術後のレントゲン検査を行っていますが、当時はこのような対策は取っていなかったということです。
鈴木院長は「患者やご家族にご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。信頼される県立病院として職員一同で努力していきたい」と話していました。」


ガーゼが長年体内にあるとこのように肉芽腫が形成されることがあります.
ガーゼ遺残事故は、多いようです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-12-21 01:55 | 医療事故・医療裁判