弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

高知地裁平成28年2月2日判決,高知刑務所の転送義務違反で880万円の賠償を命じる(報道)

朝日新聞「高知刑務所で勾留中の男性死亡、国に880万円賠償命令」(2016年2月2日)は次のとおり報じました.

「高知市の高知刑務所で2009年、殺人罪で起訴勾留中の男性被告(当時55)が死亡したのは刑務所が早く病院に転送しなかったためだとして、男性の遺族が国に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、高知地裁であった。石丸将利裁判長は刑務所側の転送義務違反を認め880万円の賠償を命じた。

 判決によると、男性は09年7月8日午後に嘔吐(おうと)やけいれんを繰り返して意識を失った。午後7時45分ごろ、刑務所の医師の指示で監視カメラ付きの一室に移し経過を観察した。男性は午後9時5分ごろに心肺停止状態で救急搬送されたが、翌日未明に死亡した。司法解剖で死因は胃の入り口付近からの出血によるショック死とされた。

 判決は、男性の症状から「刑務所内での医療的対応は困難で、転送すべきだった」と指摘。一方で救急搬送先の医師も出血を見つけられず「早晩、死亡した可能性を排斥できない」とした。男性は高知県香南市で知人男性を刺殺したとして09年6月に殺人罪で起訴されていた。」


 本件は私が担当したものではありませんが,転送義務と救命の相当程度の可能性について参考になる判決です.死亡した可能性を排斥できないとのことですが,死亡しなかった相当程度の可能性を認めたものだと思います.

これに対し,東京拘置所の転送義務違反について,後遺症が残らなかった相当程度の可能性を否定し,国家賠償請求を認めなかった最判(1小)平成17年12月8日があります.
  「適時に転送されていたなら後遺症が残らなかった相当程度の可能性」より,「適時に転送されていたなら死亡しなかった相当程度の可能性」のほうが緩やかですので,いずれの判決も適切と思います.

  相当程度の可能性で認められる慰謝料は,400万円が多いのですが,400万円と決まっているわけではなく,本来慰謝料は諸般の事情を総合考慮して決めるべきものですので,慰謝料800万円は合理的な数字と思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-04 23:55 | 医療事故・医療裁判