弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

千葉県がんセンター,診療報酬の不正請求で19億円返還

NHK「千葉県がんセンター 診療報酬19億円返還へ」(2016年6月14日)は,次のとおり報じました.

千葉県がんセンターで、腹くう鏡を使った手術での診療報酬の不正請求が発覚したことを受けて調査を行ったところ、おととしまでの5年間に、診療報酬の不正請求がおよそ1億8000万円、書類の不備などによる不適切な請求が17億円余り明らかになり、全額を返還することになりました。

千葉県がんセンターでは、腹くう鏡を使った手術を受けた患者が相次いで死亡したことをきっかけに、本来は健康保険が適用されない腹くう鏡の手術を、保険が適用されるものとして、診療報酬を不正に請求していたことが、去年、国の監査で明らかになりました。
これを受けて千葉県がんセンターが、おととしまでの5年間を対象に病院全体で調査を進めた結果、腹くう鏡の手術や手術時の麻酔などに関する診療報酬の不正請求が、合わせておよそ3万7000件1億8000万円、書類の不備などによる不適切な請求が、合わせておよそ18万8000件17億2000万円で明らかになったとしています。
このうち不正請求については、医師や職員の確認不足が主な原因で、水増し請求の意図はなかったとしています。
センターは、健康保険組合などに対し全額を自主的に返還することにしていて、病院の経営への影響はないとしています。
千葉県がんセンターの永田松夫病院長は記者会見で、「批判を真摯(しんし)に受け止めたい。改善を進め、信頼回復に努めたい」と述べました。


医科不正分が約1億8千万円(約3万7千件),医科不当分が約17億1千万円(約18万3千件),
歯科不当分が約1千万円(約5千件)とのことです.

医師をはじめ職員の診療報酬請求に関する知識及び意識が不十分であったこと,診療報酬請求業務の委託事業者に対し、診療録や必要書類の確認等、業務範囲を明確に示していなかったなど、各部門の役割認識が明確でなかったこと, 院内における診療報酬請求の点検の仕組みが十分機能していなかったことが原因だそうです.

一事が万事と思われますので,医療行為の内容・質についても不安を感じます.
お金のことがきちんとしていない人は信用できません,


谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-14 22:29 | 医療