弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

長官所長会同における寺田逸郎最高裁長官の挨拶

寺田最高裁判所長官は、長官所長会同で次のとおり挨拶しました.

基本的な課題について次のとおり述べました.

「よ り 長 期 的 に は , 我 が 国 の 社 会 や 経 済 の 国 際 化 , 少 子 高 齢化 , 組 織 や 家 族 の 多 様 化 と い っ た 情 勢 の 構 造 的 な 変 化 に 伴っ て , 裁 判 所 に 期 待 さ れ る 役 割 に も 変 化 が 見 ら れ , 司 法 機能 に 期 待 さ れ る 「 品 質 」 の 水準が ま す ま す 高 ま っ て い る こと を 感 ぜ ず に は い ら れ ま せ ん 。 こ の よ う な 状 況 の 下 で , 現実 に 裁 判 所 の 役 割 を 十 分 に 果 た し て い く た め に , 裁 判 制 度と そ れ を 支 え る 人 的 , 物 的 基 盤 を 安 定 的 に 運 用 し て い く こと を 感 ぜ ず に は い ら れ ま せ ん 。

こ の よ う な 状 況 の 下 で , 現実 に 裁 判 所 の 役 割 を 十 分 に 果 た し て い く た め に , 裁 判 制 度と そ れ を 支 え る 人 的 , 物 的 基 盤 を 安 定 的 に 運 用 し て い く こと が 必 要 不 可 欠 で あ る こ と は 言 う ま で も あ り ま せ ん が , 絶え ず 変 化 す る 社 会 経 済 情 勢 の 中 で , 司 法 の 本 質 を 見 失 わ ない よ う に し つ つ , 変 化 に 即 し た 運 用 や 事 務 の改善 を 柔 軟 に行 っ て い く 工 夫 も 忘 れ て は な り ま せ ん 。」


民事裁判については、次のとおり述べました.

民 事 裁 判 は , 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 や 複 雑 化 に よ る 影 響 が色 濃 く 見 ら れ る 分 野 で あ り , そ れ だ け に , こ の よ う な 情 勢の 変 化 を 踏 ま え た 裁 判 所 の 役 割 の 在 り よ う に 対 す る 国 民 の意 識 を 鋭 敏 に 感 得 す る 必 要 が あ り ま す 。 こ れ ま で , 判 決 等に お い て 説 得 的 で 分 か り や す い 判 断 を 示 す こと が 求 め ら れる の み な ら ず , 判 決 等 に 至 る プ ロ セ ス に お い て も 納 得 性 の高 い 審 理 運 営 を 実 現 す る こ と が 望 ま れ て い る こ と に つ い て指 摘 を 重 ね て き ま し た 。 そ の た め の 具 体 策 と し て , 部 の 機能 の 活 性 化 を 図 り , 合 議 体 に よ る 審 理 を 充 実 さ せ た り , 裁判 所 内 外 で の 意 見 交 換 の 機 会 を 増 や し た り し て , 多 角 的 な視 点 を 持 っ た 議 論 に 裏 付 け られた 審 理 運 営 を 積 み 重 ね る こと を 通 じ て , 紛 争 の 実 相 を 捉えた 深 み の あ る 判 断 に 至 る ため の プ ラ ク テ ィ ス を 形 成 し て い く 必 要 が あ る こ と の 認 識 も深 ま り つ つ あ る よ う に 思 い ま す 。

ま た , 裁 判 の 品 質 を 考 える に 当 た っ て , 解 決 ま で に 要 す る 期 間 と い う 要 素 が 重 要 な意 味 を 持 つ こ と も 度 々 指 摘 が あ る と お り で す 。

争 点 整 理 手続 に お い て , 裁 判 官 に よ る 適 切 な 訴 訟 指 揮 の 下 , 当 事 者 や代 理 人 と の 間 で 十 分 に 議 論 が 行 わ れ , で き る 限 り 早 期 に 争点 に 対 す る 認 識 を 共 有 し て い く こ と が , 的 確 か つ 迅 速 な 判断 を 行 い , ひ い て は 当 事 者 の 納 得 性 を 高 め る 上 で 重 要 で ある と 考 え ら れ ま す 。」


裏から言うと「争点整理手続において,裁判官による適切 な訴訟指揮の下 ,当事者や代理人との間で十 分に議論が行われ,できる限り早期に争点に対する認識を共有していく こ と」 が現状では不十分であるということです.

裁判事務については、不祥事をふまえ、次のとおり述べました.

「裁 判 事 務 の 円 滑 な 遂 行 に , 裁 判 所 に 対 す る 国 民 か ら の 信頼 が 不 可 欠 で あ る こ と は 改 め て 述 べ る ま で も あ り ま せ ん が ,昨 今 , 社 会 に お い て , 法 に 適 合 し な い 業 務 等 を 行 っ て い たこ と が 明 ら か に な り , 国 民 の 信 頼 が 損 な わ れ る 例 は 一 つ ,二 つ に と ど ま ら な い こ と に 留 意 を 求 め た い と 思 い ま す 。
自ら 行 う 事 務 が , 国 民 の 視 点 , 裁 判 所 の 外 か ら の 視 点 で 見 ても , 事 実 と 法 令 を 踏 ま え た 適正な も の と 言 え る よ う , 一 人一 人 の 裁 判 所 職 員 が , 常 日 頃 か ら , 事 務 処 理 の 流 れ 全 体 に目 を 配 り , い っ た ん 不 適 正 な 事 務 が 行 わ れ た 場 合 の 影 響 の広 が り に も 想 像 力 を 持 っ て , あ る べ き 姿 に 向 け た 不 断 の 努力 を 続 け て い く 必 要 が あ り ま す 。 特 に , 裁 判 所 が 扱 っ て いる 情 報 に , プ ラ イ バ シ ー や 営 業 秘 密 等 に も 関 わ る 機 密 性 の高 い も の が 多 く 含 ま れ て い る こ と を 考 え る と , 情 報 セ キ ュリ テ ィ の 確 保 は , 裁 判 所 に と っ て 極 め て 重 要 な 課 題 で す 。
多 く の 職 員 が 意 識 的 に 取 り 組 ん で い る よ う に う か が わ れ るこ と は 心 強 い 限 り で す が , 重ねて , こ の よ う な 情 報 が 万 が一 に も 漏 え い す る こ と の な い よ う , 引 き 続 き 万 全 の 措 置 を講 ず る こ と を 求 め た い と 思 い ま す 。

「以 上 述 べ た こ と に 限 ら ず , 裁 判 事 務 及 び 組 織 運 営 の 全 てに わ た っ て , 裁 判 官 こ そ が , そ の 要 と し て , 裁 判 所 に 期 待さ れ る 役 割 を 十 分 に 認 識 し , 自 ら の 所 属 す る 部 や 裁 判 所 に限 ら ず , 裁 判 所 全 体 の 課 題 を も 的 確 に 把 握 し , 多 様 な 職 種か ら な る 裁 判 所 職 員 と 協 働 し て 個 々 の 事 件 を 適 正 迅 速 に 処理 し て い く 役 割 を 担 っ て い ま す 。 裁 判 官 が , こ の よ う な 役割 を 十 分 に 果 た せ る 力 を 身 に 付 け る よ う , 何 よ り も 裁 判 官自 身 が , 高 い 意 識 を 持 っ て , 主 体 的 か つ 自 律 的 に 自 己 研 さん の 努 力 を た ゆ む こ と な く 続 け る こ と が 肝 要 で あ り , 加 えて , 司 法 研 修 所 に お い て も , 研 修 の 充 実 強 化 に 取 り 組 み ,裁 判 官 の 成 長 支 援 の 在 り 方 の 検 討 を 深 め て い く こ と で 全 体と し て の 体 制 整 備 を 図 っ て い き た い と 思 い ま す 。」



裁判所がハンセン病患者を差別的に取り扱ったことについては、次のとおり述べました.

終 わ り に , 先 日 , ハ ン セ ン 病 を 理 由 と す る 開 廷 場 所 指 定に 関 す る 調 査 報 告 書 及 び 裁 判 官 会 議 談 話 を 公 表 し , 開 廷 場所 指 定 の 定 型 的 な 運 用 が 裁 判 所 法 に 違 反 す る も の で あ っ たこ と を 明 ら か に し た と こ ろ で す 。 裁 判 所 は , 憲 法 的 秩 序 を支 え る 柱 で あ り な が ら , そ の 期 待 に 反 し た こ と に つ い て 深い 反 省 に 立 ち , こ の よ う な こ と を 二 度 と 繰 り 返 さ な い た めに , 具 体 的 な 方 策 を 検 討 し , 着 実 に 実 行 し て い か な け れ ばな り ま せ ん 。 ま た , 障 害 を 理 由 と す る 差 別 の 解 消 の 推 進 に関 す る 法 律 の 施 行 を 受 け て , 本 年 4 月 か ら , 裁 判 所 に お いて , 障 害 を 理 由 と す る 不 当 な 差 別 的 取 扱 い を す る こ と な く ,社 会 的 障 壁 の 除 去 の た め に 必 要 か つ 合 理 的 な 配 慮 を 提 供 すべ き こ と を 定 め た 対 応 要 領 が 実 施 さ れ て い ま す 。 こ の 際 ,裁 判 所 職 員 の 一 人 一 人 が , 人 権 に 対 す る 鋭 敏 な 意 識 を 持 ち ,日 々 の 職 務 の 遂 行 に お い て , 先 例 に と ら わ れ る こ と の な い法 令 順 守 が 堅 持 さ れ た 事 務 の 遂 行 と い う 地 道 な 努 力 を 重 ねて , 司 法 に 対 す る 国 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 え て い く 必 要 が ある こ と を 強 調 し て お き た い と 思 い ま す 。 こ の 点 を 含 め , 全て の 職 員 が , 持 て る 能 力 を 十 二 分 に 発 揮 し , 仕 事 の 意 義 をよ く 理 解 し て 職 責 を 果 た し て い く こ と を 期 待 し ま す 。」


今は「挨拶」と言いますが,もともとは「訓示」です.このように裁判所の課題と方向性を示すもので,重要です.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-24 01:00 | 司法