弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

高知県・高知市病院企業団立高知医療センターで,麻酔剤多量投与のミス,抗菌剤を静脈注射のミスの医療事故

b0206085_225618100.jpg
読売新聞「医療事故2件で一時心肺停止…高知医療センター」(2016年12月11日)は次のとおり報じました.

「高知医療センター(高知市)で7月、入院中の70歳代の男女各1人に対し、誤って麻酔剤を多量に投与したり、抗菌剤の投与方法を間違ったりする医療事故があり、ともに一時心肺停止の状態に陥ったことがわかった。

 病院側は関係者に謝罪したという。

 同医療センターによると、70歳代の男性は、胆管と膵管に内視鏡検査を行うため、麻酔剤を投与。効果が薄いため投与量を増やしたところ、心拍数が低下して一時心肺停止となった。蘇生を行って現在は回復したという。

 一方、70歳代の女性には、肺の治療のため吸引で抗菌剤を投与する方法をとるはずだったが、誤って静脈注射で投与し、一時心肺停止になった。蘇生を行って回復したが、処置する際に肋骨が折れたという。

 同医療センターは「事故をしっかりと検証して情報共有を行い、マニュアルを見直したい。今後は患者の安全管理に一層重点を置き、病院運営を図りたい」としている。」


医療事故のなかでも,薬剤に関するものは多いように思います.
高知新聞によると,「高知医療センターでは、薬剤の投与方法は医師が電子カルテに記入して指示。電子カルテには「吸入」の指示が記入できないシステムになっており、吸入の場合はいったん「注射」と記入し、コメント欄で吸入を指示することが慣例となっていた。看護師は別病棟から異動してきており、この慣例が徹底できていなかった」とのことです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村>
by medical-law | 2016-12-11 22:56 | 医療事故・医療裁判