弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「翁」

b0206085_21113041.jpg

正月には「翁」が舞われ奉納されます.
「翁」は,神(精霊)が「翁」として天下泰平国土安穏・五穀豊穣を祝祷して舞います.
「翁」は,呪術的な千秋万歳の悦びの舞です.

「翁」は,能にして能にあらず,と言われます.
能より前の翁猿楽の式三番(翁)だからでしょう.
世阿弥は「さるがくのまひとは、いづれととりたてゝ申べきならば、此道のこん本なるがゆえに、をきなの舞と申べきか。又うたひのこんぽんを申さば、をきなのかぐらうたと申べきか。」と書いています.

中沢新一氏の「精霊の王」によれば,日本国家が成立する前の最古の神,石神(シャクジン,シャクジ)が,後戸の神シュクジン(宿神)として復活し,「翁」こそがそのシュクジンである,とのことです.中沢新一氏は,金春禅竹の「翁ヲ宿神ト申タテマツルコト」を引いています.

神棚に祀られている表の神とは別の,古来よりの民俗的な後戸の神が「翁」です.
このような見方を知ると,「翁」が特別の舞であることがよくわかります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村>
by medical-law | 2017-01-02 21:11 | 趣味