弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

アメリカ国立衛生研究所,生後4~6カ月からピーナツを含む食品を食べさせた方がよいとする指針を発表

b0206085_23444241.jpg
朝日新聞「生後4~6カ月でピーナツを アレルギー予防へ米国指針」(2017年1月6日)は,次のとおり報じました
 
「米国立保健研究所(NIH)は5日、ピーナツアレルギーを防ぐため、医師に相談した上で生後4~6カ月からピーナツを含む食品を食べさせた方がよいとする指針を発表した。

 指針によると、強い卵アレルギーや皮膚炎がある乳児には、医療機関で検査を受けて問題なければ生後4~6カ月にピーナツ成分を含む食品を与え始める。軽い皮膚炎のある乳児には6カ月ごろから与え、特にアレルギー体質でない乳児は自由に食べてよいとした。

 米英の研究チームが2015年に発表したアレルギー体質の乳児600人以上を対象にした調査で、ピーナツ成分を含む食品を食べて育った方がアレルギーを発症する割合が約8割少なかったことを踏まえた。

 米国では米小児科学会が00年に出した指針で、食物アレルギーの恐れが高い乳児は3歳までピーナツなどを避けるよう勧めていたが、その後研究が進み、指針は08年に撤回されていた。」


ピーナツ成分を含む食品を制限したほうがかえってアレルギーを発症する割合が高かったという調査に基づくものです.卵についても同様の報告があります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-01-08 23:44 | 日常