弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京大学分子細胞生物学研究所元教授グループによる論文不正問題で元教授ら5人処分

b0206085_9214291.jpg
東京大学は,3月3日,東京大分子細胞生物学研究所元教授のグループによる論文不正問題で,元教授ら5人の処分を発表しました.多数の論文に捏造,改竄があった件で,隠蔽工作を図った元教授,元助教授,元准教授,元特任講師が懲戒解雇相当,元助教が諭旨解雇相当とされました.

「東京大学は、「東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する調査報告(第一次)」(平成26年8月1日公表)および「東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する調査報告(最終)」(平成26年12月26日公表)の裁定に関連し、当該関係者が本学在職中に行った不正行為について、仮に在職者であったとする場合に懲戒事由に該当する不正行為であったのかを調査した結果、東京大学教職員就業規則(平成16年4月1日東大規則第11号)第39条に規定する懲戒処分に相当するものと判断し、2月17日付けで、下記の通り懲戒処分相当を決定し通知した。」


論文不正は広く深い問題です.他の研究室についてもそのようなことがないよう願いたいものです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-04 05:11 | コンプライアンス