弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

神戸市中央区の病院の無痛分娩事故で,遺族が院長を刑事告訴(報道)

b0206085_11195128.jpg神戸新聞「無痛分娩で医療ミス、妊婦死亡 刑事告訴へ 神戸」(2017年5月19日)は次のとおり報じました.

「神戸市中央区の「母と子の上田病院」で2015年8月、麻酔を使い出産時の痛みを和らげる無痛分娩(ぶんべん)で女児を産んだ女性が、担当した男性院長のミスで亡くなり、示談金を支払うことで遺族と同病院が示談していたことが18日、分かった。遺族は19日、男性院長を業務上過失致死の疑いで刑事告訴する方針。

 亡くなったのは篠原稚子(わかこ)さん=当時(36)。遺族などによると、15年8月19日、同病院で無痛分娩による出産をした際、陣痛促進剤を多量に投与され、出産後に子宮内からの大量出血により重度の低酸素脳症を発症。意識不明の重体となり、約1年後に急性循環不全で死亡した。

 病院側は当初、羊水が血管内に流れ、血流を遮る「羊水塞栓症(ようすいそくせんしょう)」として責任を認めなかったが、後に過強陣痛の緩和や帝王切開など適切な対応をしていなかったとして男性院長のミスを認め、示談金を支払った。・・・」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
報道からすると,陣痛促進剤多量投与→過強陣痛→大量出血→搬送→遷延性意識障害→死亡という経過をたどった事案のように思います.
陣痛促進剤の適正使用に問題があった事案と考えられます.
医師の過失により患者が死亡した事案は少なくありませんが,医師を業務上過失致死罪で起訴され,有罪になるのはきわめてまれです.
検察官は,本件について医師を業務上過失致死罪で起訴できるのか,注目したいと思います

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-05-23 11:19 | 無痛分娩事故