弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

大阪大学医学部附属病院,脳腫瘍の手術ミスで約1億7千万円の和解(報道)

b0206085_9362726.jpg
共同通信「大阪大、脳腫瘍の手術ミスで和解」(2017年 6月 14日)は次のとおり報じました.

「2009年7月に大阪大病院(大阪府吹田市)で脳腫瘍の手術を受けた大阪市の男性(50)が、直後から意思疎通のできない状態になったのは医療ミスだとして、大阪大に計約4億2千万円の損害賠償を求めた訴訟で、大学側が男性と家族に計約1億7千万円を支払うことなどを条件に大阪地裁(山地修裁判長)で和解したことが14日、分かった。7日付。
 和解条項では、男性が系列病院で入院を継続できるよう調整に努めるとの内容も盛り込まれた。」

この件は,私が担当したものではありません.
この和解金額からすると,裁判所は,過失・因果関係があるとの心証をとったことが明らかです.
和解まで事故からほぼ8年かかっていることからすると,原告・被告の主張に対立があった事案と思います.
脳腫瘍の手術ミスは,他院でも起きていますが,解決まで時間がかかっているものが多いようです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-06-15 09:36 | 医療事故・医療裁判