弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

水戸済生会総合病院,10倍量のモルヒネ投与で患者死亡

水戸済生会総合病院のサイトに「患者様へお詫び」が掲載されています.
NHK「本来の10倍の痛み止め投与し患者死亡」(2017年9月28日)は,次のとおり報じました.
「水戸済生会総合病院によりますと、今月14日、拡張型心筋症で入院していた69歳の女性患者の手術で、看護師が、痛み止めの薬のモルヒネを、本来の10倍に当たる25ミリグラム投与したということです。女性患者はその後、心肺停止の状態になって今月26日に死亡し、病院は医療ミスを認めて遺族に謝罪しました。病院は、今後、調査委員会を設け、医師から看護師にどのような指示があったかなど、詳しい経緯を調べることにしています。」

おそらく医師看護師間の伝達に何らかのミスがあったのでしょうが,看護師にはお痛み止めのためのモルヒネの適量くらいは知っていてほしく思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-09-29 14:18 | 医療事故・医療裁判