弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

衆議院選挙に立候補する弁護士たち

衆議院選挙に立候補者をみると現職議員にも新人にも弁護士が結構多いです.
法律を扱う弁護士のスキルは,立法にも役立つところがあるのかもしれません.

弁護士会の委員会が運営している電話相談を担当するには,まず先輩弁護士の指導を受けねばなりません.
今は昔の話ですが,たまたま,或る新人弁護士が私の実際の電話相談を聞き,指導を受けました.その某弁護士は,その後,各方面でご活躍のようでした.
私は,昨日,と或る病院からの帰り,その某弁護士の選挙カーに遭遇しました.
谷も歩けば某弁護士に当たる...か

【追記】
某弁護士候補は4万票余りを獲得しましたが,落選しました.有力政治家のブレーンで優秀な人だけに残念です.大手の法律事務所を辞めていますので,どうするのでしょう,と思いましたが,個人事務所を設立していました.
ご存じのように,第二東京弁護士会所属では,枝野幸男先生(立憲民主党)と三谷英弘先生(自由民主党)が当選しました。 谷垣禎一先生(自由民主党)が引退し,若狭勝先生(希望の党)が落選しました.
静岡では青山雅幸先生(立憲民主党)は3万8千票強の得票でしたが比例で当選しました.今まで静県岡の医療事件は青山雅幸先生を紹介していたのですが.これからは国会で患者側弁護士の立ち位置で活躍していただきたく期待します.

【再追記】
青山雅幸議員の秘書へのセクハラが報道されました.こんな人だったとは!議員を辞職すべきでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-10-20 00:56 | 日常