弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

千葉県こども病院で心臓手術を受けた生後1カ月未満の男児がMRSAに感染し死亡(報道)

朝日新聞「院内感染か、心臓手術を受けた新生児が死亡 千葉」(2017年12/月1日)は,次のとおり報じました.

「千葉県こども病院(千葉市緑区)は1日、心臓手術を受けた県内の生後1カ月未満の男児がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に感染し、死亡したと発表した。ほかに4人の0歳児からMRSAが見つかり、別の1人は感染していた。院内感染とみて第三者を含む調査委員会を設け、死亡との因果関係や感染経路などを調べる。

 発表によれば、亡くなった男児は先天性の心臓疾患があり、同病院で11月上旬に心臓手術を受けた後、17日に発熱し、19日にMRSAが検出された。血中の酸素が少なくなる「低酸素血症」を発症し21日に死亡した。ほかの5人はいずれも県内在住で0歳の男児2人と女児3人。うち女児1人は感染して発熱したが快方に向かい、菌が検出された4人に発熱などはないという。

 6人は同じ時期に、新生児集中治療室(NICU)や新生児治療室(GCU)、集中治療室(ICU)などで治療を受けていた。

 同病院では2013年にも、体重1千グラム未満の男児がMRSAに感染して亡くなっているという。

 星岡明・病院長は1日夜、千葉県庁での記者会見で「亡くなられた患者様とご遺族には深くおわび申しあげるとともに、ご心配をかけている患者様とご家族、県民の皆様におわび申し上げます」と頭を下げた。」


感染症は因果関係立証に難があり裁判になることは少ないのですが,病院には感染制御体制が求められています.とくに,抵抗力の弱いこどもが対象の病院では,いっそうの体制が求められています.感染制御システムに問題がなかったか検証する必要がります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-01 23:34 | 医療事故・医療裁判