弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 04月 08日 ( 3 )

放射能汚染水の海への放出;米国のみ事前内諾報道と中国政府の懸念表明など

b0206085_2317697.jpg東京電力による放射能汚染水の海への放出は4月4日から始まりました.
その後の報道を整理します.

◆ ロシアと韓国の抗議

ロシアのイワノフ副首相は,4日,ニューヨークで,「海水が汚染されれば、福島から約160キロの地点で取れた魚が非常に危険ということになる。我々に間違いなく影響がある」と述べ、懸念を示し,さらにロシアを含む海外の専門家に対する日本の情報開示が不十分と非難しました.

韓国政府は,4日,在日韓国大使館を通じ.日本外務省に「国際法的問題を引き起こす可能性がある」との懸念を伝え,情報提供がなかったことを問題にしました.

日本に同情的だった海外の論調は,日本政府の対応への不満,不信に変わりました(「放射性物質まき散らす日本 海外論調「同情」から「不信」」ご参照).

◆ 米国のみ事前内諾報道(5日テレビなど)

TBSテレビは,日本政府は汚染水排水前に米国と協議していたと,4月5日に報じました.
朝鮮日報がそのことを伝えていました.(朝鮮日報「福島原発:汚染水放出、米国には事前に通報」ご参照)

◆ 韓国首相の答弁

韓国の金滉植首相は,7日,国会答弁で,「韓国が無能なのではなく、日本が無能だと言いたい」,「我々だけが無視されたのではなく米国なども通報を受けなかった」と述べました.(日本経済新聞「韓国首相「日本が無能」 汚染水放出、事前連絡なく」ご参照)
金滉植首相は,TBSテレビ・朝鮮日報の報道を知らなかったのでしょう.

◆ 米国のみ事前内諾報道(8日朝刊)

今日8日の朝刊で,日本政府が4月1日(放射能汚染水放出の3日前)に米国とのみ協議し,内諾を得ていたことが報道されました.

「日本側関係者によると、米エネルギー省の意を受けた同省関係者が日本人研究者とともに一日、官邸で政府高官と面会。「汚染水を海に放出し、早く原子炉を冷却できるようにしないといけない。放射性物質は海中に拡散するので問題ない。米政府は放出に抗議しない」とのメッセージを伝えたという。
 政府関係者によると、東電本社内で開かれた政府や米国大使館による対策会議でも、米側から海洋投棄を認める発言があった。
 官邸筋は「海に流すのを決めたのは、日本政府の原発チーム。米政府の依頼によるものではない」と説明。一方で「米側から『大丈夫だ』という話はあった」と話している。」
(東京新聞「海へ放水 米、3日前に内諾」ご参照)

◆ 中国政府の談話

中国政府は,「日本が国際法に従って行動し、海洋環境を保護する適切な措置を取ることを希望する」との談話を出し,環境への影響に懸念を表明しました。それまで,中国メディアが批判していましたが.中国政府の公式の意見表明はこれがはじめてです.
ロシア,韓国より控えめな表現です.

中国、原発汚染水の放出に懸念 「国際法に従い行動を
【北京共同】福島第1原発から放射性物質を含む汚染水が海に放出された問題について、中国外務省の洪磊副報道局長は8日「日本が国際法に従って行動し、海洋環境を保護する適切な措置を取ることを希望する」との談話を出し、環境への影響に懸念を表明した。
 中国では、メディアから「日本は汚染水処理で周辺国の同意を求めるべきだ」との批判が出ていたが、公式の反応は示されていなかった。憂慮や不快感を表明する韓国やロシアに足並みをそろえたとみられる。
 談話は「中国は日本の隣国であり、当然(放出を)注目している」と指摘。「中国は日本と連絡を保っており、日本側に対し、適時に全面的で正確な情報を提供するよう求める」とした
2011/04/08 17:04 【共同通信】」

◆ 東京電力が否定(8日夜)

その後,今日8日夜の記者会見で,東京電力の松本純一原子力立地本部長代理は,福島第1原発から低濃度の汚染水を海に放出する際,政府が実際の放出日よりも事前に米国側と協議して内諾を得ていたとの一部報道に関して「そうした事実はない」と述べました.
(日本経済新聞「東電、汚染水放出で米国が事前内諾の報道「そうした事実ない」」ご参照)

私には,東京電力があわてて中国向けに言い訳をしているように聞こえるのですが,
東京電力の説明を信じる人はいるのでしょうか.

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ163サイトの順位のページに移動します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-04-08 22:36 | 脱原発

第二東京弁護士会人権擁護委員会 

b0206085_9411850.jpg

4月から,第二東京弁護士会人権擁護委員会の委員になりました.
委員の顔ぶれをみると,21期の光石忠敬先生以下錚々たるメンバーです.
5日のニュースの深層『「東京電力会見は信用できるのか」に出演した日隅一雄先生も委員です,

人権擁護は弁護士の使命です.
「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。」(弁護士法1条1項)とされています.
基本的人権を擁護し社会正義を実現するために,弁護士になったわけですから,どんなに忙しくても,人権擁護のための活動を怠るわけにはいきません.

第二東京弁護士会のホームページには,次のとおり記載されています.

「人権擁護委員会では、刑務所内などから申し立てられる人権救済申立事件の処理を中心としながら、4つの研究部会において調査研究活動を行っています。
 (1)「報道・情報に関する部会」
   名誉毀損・プライバシー侵害等のメディア問題、表現の自由に関わる問題など
 (2)「民族的マイノリティの人権に関する部会」
   外国人研修生・技能実習生問題、入管制度問題及び民族差別問題など
 (3)「精神医療・高度先端医療に関する部会」
   尊厳死問題など
 (4)「死刑問題に関する部会」
   死刑問題の在り方
また、各研究部会では、それぞれ勉強会やシンポジウムの開催を企画しています。」

いずれも重要なことです.
さらに,受動喫煙による健康被害の問題も,人権問題としてとりあげてやっていきたいと思います.

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ163サイトの順位のページに移動します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-04-08 09:42 | 弁護士会

春の味覚

b0206085_8304810.jpg

事務局Hです.
若い筍のてんぷらや,菜の花のおひたしなど,春の味覚が楽しめる時期になりました。
少しえぐみのある山菜も,春の到来を告げる美味しい食材です.

また,春限定の飲み物やお菓子も多く出ています.
最近のお気に入りは,某外資系カフェのさくらラテで,お財布に余裕がある日はついつい寄ってしまうほどです.
お菓子も,桜餅,桜のシフォンケーキ,桜のモンブランetc・・・見ているだけでも楽しいものです.
ほんのりピンク色の見た目も愛らしく,見ても良し食べても良しな桜のスイーツは,私にとって春を語るに欠かせないものです.

私はまだまだ「花より団子」です.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-04-08 08:31 | 日常