弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 04月 09日 ( 3 )

東日本大震災復興祈願(雅楽と神楽の夕べ)

b0206085_21455390.jpg
b0206085_21461632.jpg
b0206085_21463729.jpg
b0206085_21465265.jpg
b0206085_21471548.jpg

b0206085_10341928.jpg

今日(4月9日),大宮八幡宮の「東日本大震災復興祈願(雅楽と神楽の夕べ)」に行ってきました。

大宮八幡宮は,東京都杉並区大宮にあります.
大宮八幡宮から和田堀公園一帯は善福寺川沿いは,桜の名所の1つです.

日本には古くから神楽歌などがありました.大陸の音楽と舞が伝わり,日本古来のものと融合し雅楽となりました.写真のとおり,日本古来の楽器のみならず,外来の楽器も使われています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-04-09 21:48 | 脱原発

新学期

b0206085_1411364.jpg

事務局Iです.
近所の子どもたちが,真新しいランドセルを背負って,神楽坂を駆けていました.
おそらく入学式でしょうか.

震災の処理が続いていますが,例年通りに開く桜の花と,無邪気な子どもたちの笑い声を聞くと,ようやく春が来た,という気がします.

新入生ならずとも,学生時代は,毎年この時期に,新しい教科書や新しい担任の先生に心をときめかせました。わたしの通った小学校は,とても小さく,1学年に2クラスしかなかったので,だいたいの児童とは,同じクラスに当たるのですが,それでもクラス替えの発表がとても楽しみでした.

学校の敷地内には,団塊世代の出産ラッシュの時期に幼稚園建設用地とされ準備された空き地があり,そこを利用して,当時は畑が作られていて,たくさんの野菜や果物が栽培されていました。新学期などの休み明けには,植物の成長を見に行くことも習慣でした。たくさん植えたチューリップの球根から,花が咲いたり咲かなかったり,一喜一憂した季節が懐かしく思い出されます.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-04-09 14:02 | 日常

断捨離

b0206085_8585082.jpg

事務局Hです.
買いだめ,買い占めが問題になっていますが,
「断捨離」という言葉をご存知でしょうか.

文字通り,「断って,捨てて,離れる」という意味で,
「今は必要ないけど,いつか必要になるかもしれない」ものを,思い切って捨ててしまおうということです.
一時期,雑誌などで特集されていたこともあり,ちょっとしたブームだったそうです,

どちらかというと私も捨てられない・離れられないタイプの人間でしたが,物も思い出も増えていく一方なので,思い切って断捨離をしてみました,
すると,意外とあっさり未練もなく捨てられて,スペースは増え,身軽な生活を送れる等良いことずくめでした,
本当に必要かどうかではなく,ただ「情」のようなものにほだされていただけだったのです,

余談ですが,断捨離は物に限らず,人間関係においても適用できると書いてあったので,思い切って断捨離をしてみました,
すると,意外とあっさり未練もなく・・・

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-04-09 08:58 | 日常