弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 05月 12日 ( 3 )

高松高裁で平成23年5月11日和解成立報道(肺塞栓,肺梗塞)

b0206085_185443.jpg
写真は,青盛県の依頼者からいただいた「気になるリンゴ」です.パイの中には林檎が丸ごと1個入っていました.

先日の福岡高裁に続いて,地裁で請求棄却,高裁で過失を認め和解,というケースが報道されていますので,ご紹介いたします.

◆ 事案

平成12年3月に高松赤十字病院に右変形性股関節症で入院し,手術を受けた患者(当時53歳)が,4月5日に容体が急変し,翌朝肺梗塞で死亡しました.

医師は,手術前に肺梗塞の可能性を予見していましたが、術後に,患者が脚のだるさなどを訴えたとき,検査を行いませんでした.

◆ 高松地裁判決

高松地裁は,平成22年3月,医師が治療義務を怠ったとは認められない,として遺族側の請求を棄却しました.

◆ 高松高裁の判断

高松高裁は,患者が「脚がだるい」などの症状を訴えていたことから,医師はそれに対処すべきだった,と判断し,和解を勧め,平成23年5月11日,裁判上の和解が成立しました.

(毎日新聞「日赤医療過誤訴訟:高松高裁で和解 /香川」ご参照)

◆ 感想

肺梗塞とは,肺塞栓症の結果,肺組織が壊死をおこした状態を言います.肺塞栓症とは,血液などが肺の血管に詰まる病気です.術後などに生じます.

本件は,術後安静⇒下肢静脈瘤⇒肺塞栓症⇒肺梗塞⇒呼吸停止⇒死亡,と理解できます.

下肢静脈瘤のため足がだるくなること,下肢静脈瘤から肺塞栓症がおきること,術後であることなどから,患者が「脚がだるい」などの症状を訴えた場合,医師は,下肢静脈瘤を疑い,肺塞栓症を警戒すべきでしょう.

高松高裁は,平成12年であっても,患者が「脚がだるい」などの症状を訴えた時点で検査を行うべきとしたものです.

判決ではありませんが,高裁が地裁の判断を是正したものとして,評価できます.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ167サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-12 18:49 | 医療事故・医療裁判

『薬害って何だろう』

b0206085_753616.jpg
中学3年生向きの薬害を学ぶための教材『薬害って何だろう』が厚労省のサイトにアップされています.

「薬害」を知るとともに,その発生の過程や社会的な動き等を学ぶことを通じて,今後、同様の被害が起こらない社会の仕組みの在り方等を考えることを目的としています.

学習のポイント
「薬害の起こらない社会にするためには,どうすればいいのか次の3点から考えてみよう.
■ 薬の安全性などの情報を共有し,関係者がそれぞれの役割を果たすためには具体的にどのようなことをすればよいか.
■ 私たちが消費者の立場から,薬に関する情報を得たり,薬を使用して問題があった場合にはどのような情報を発信すればよいか.
■ 今の社会の仕組みで改善する点はないか.どのような点を改善すればよいか.」


しっかり,つくられています.
是非,ご一読を.

谷直樹
下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ167サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-12 06:58 | 医療

イージス艦無罪判決とツイッター

b0206085_0431514.jpg

ツイッターをする弁護士がふえています.
イージス艦無罪判決をとった弁護人弁護士の1人田中崇公先生もツイッターをしていて,読むと無罪判決の臨場感がひしひしと伝わってきます.

平成20年2月19日午前3時40分ころからイージス艦あたごと衝突するまでの清徳丸の航跡は,検察官提出海図のとおりであるか否か,という第1の争点で勝ったのですから,これはほぼ完全勝利ですね.

報道は,遺族側の心情を忖度してつくっているものが多いようですが(遺族がそのように思うこと自体は理解できます),非常にあやふやな供述を基礎に組み立てた検察側の失態であることは明らかで,検察の強引な証拠作り,起訴をメインに問題提起が必要と思います.
まさか,弁護側がニュース映像を証拠提出したことへのしっぺ返ではないでしょうが...

谷直樹
下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ167サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-12 00:46 | 司法