弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 05月 18日 ( 3 )

奈良地裁平成23年5月17日和解(4000万円)報道,子宮収縮抑制剤「塩酸リトドリン」による肺水腫死亡事案

b0206085_22223768.jpg

◆ 事案

医療法人社団清心会桜井病院で,切迫早産と絨毛膜羊膜炎と診断され,平成17年12月14日に入院した大淀町の妊婦(当時33歳)が,子宮収縮抑制剤「塩酸リトドリン」などを投与され、副作用の肺水腫を発症し,せきや頻呼吸の症状があり,同月28日に死亡した事案です.

※ 肺水腫は,肺の中に余分な血液,水分がたまった状態です.胸部X線検査やCT検査で診断されます.


◆ 病院側の主張

病院側は拡張型心筋症の持病があった(心原性の肺水腫)と反論し,また,せきや頻呼吸の症状から塩酸リトドリンの副作用の肺水腫を発症していることを認識できない等の主張をしました.

◆ 塩酸リトドリン

「塩酸リトドリン」は,重篤な心疾患の患者には「禁忌」,心疾患の患者には「慎重投与」とされています.
「重要な基本的注意」として「本剤投与によって,肺水腫があらわれることがあり,急性心不全の合併に至った例もあるので,呼吸困難,胸部圧迫感,頻脈等に十分注意し,肺水腫があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。また,肺水腫は心疾患,妊娠中毒症の合併,多胎妊娠,副腎皮質ホルモン剤併用時等に発生しやすいとの報告があるので,これらの患者には,水分の過負荷を避け,十分な観察を行うこと。」とされています(薬の添付文書).

◆ 鑑定書

奈良地方裁判所が採用した,専門医による鑑定書では「副作用と判断し(塩酸リトドリンの投与を)中止すべきだった。中止したならば死亡する可能性は低い」というものです.

◆ 裁判上の和解

平成23年5月17日,奈良地裁で病院側が遺族に計4000万円の和解金を支払うことで裁判上の和解が成立したそうです.

なお,被告側の代理人弁護士は「診療の経過で大きな落ち度はなかった。せきなどの症状が副作用なのかは判断のしようがなかった」と述べたとのことですが,せきなどの症状が副作用かどうかを判断するために検査が必要で,その検査を行わなかったのですから,鑑定書に従えば,過失はあると言えるでしょう.

毎日新聞「妊婦死亡損賠訴訟:病院側と和解成立 被告側過失、言及せず--桜井 /奈良」ご参照

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-18 21:14 | 医療事故・医療裁判

『茗荷谷の猫』

b0206085_11111612.jpg

事務局Iです.

書店でハードカバーの本を選ぶときに,ついつい,その本の感触を重視してしまいます.

表紙の肌触りや,本紙の質感,レイアウトや挿絵など,工夫が凝らされて,好みにあう本は,不思議と,読んでみて,失敗することも少ないように思います.

『茗荷谷の猫』は,桜色のカバーと,文庫のような切りっぱなしの装丁に惹かれ,うちの本棚へ来ることになりました.

b0206085_11113294.jpg


内容は,江戸末期から昭和中期までの東京の人々を 題材にした短編集.

よく読み込むと,ひとつひとつの話が複雑に絡み合っています.

異なる時代,異なる職業の,まったく個性の異なる一人一人を心情に添いながら丁寧に描写しています.

文章量は,かなり読み応えがありますが,全体に,江戸前の酒脱な印象で,さらりとしていて,お勧めの一冊です.

作家木内昇(きうちのぼり)さんは,先日、『漂砂のうたう』で直木賞を受賞した実力派です.

谷直樹法律事務所
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-18 11:12 | 趣味

津田敏秀教授,「放射線による内部被ばくについて」

b0206085_9194080.jpg

サイエンス・メディア・センターのサイトに,津田敏秀教授(岡山大学大学院 環境学研究科(疫学、環境疫学、臨床疫学等))の「放射線による内部被ばくについて」が掲載されています.
以下のQ.に関心があれば,ご一読をお奨めいたします.

Q. 「内部被ばく」とは何ですか?

Q. いま「ただちに影響がない」とされている放射線量でも、放出された放射性物質で汚染された水や食べ物を摂取したら、内部被ばくするのではないかと思います。大丈夫なのでしょうか?

Q. 報道されているのは放射線量ばかりです。しかし例え放射線量は低くても、少量でも放射性物質を吸い込めば、内部被ばくしてしまうのではないでしょうか?

Q. 福島では連日150 μSv/hなどという数字が報道されています。これですと、数時間で一般人の年間許容量とされている1mSvを超えてしまうのではないでしょうか。たとえばこの数値は、がんなどのリスクをどの程度高めるのでしょうか。

Q. 内部被ばくすると、がんなどの病気になる確率はどのようなものでしょうか?これまでの疫学研究の成果を教えて下さい。

Q. このままの状態が続けば、あるいはさらに状況が悪くなれば、将来、関東一円ではがんになる人が増えるなどの長期的な影響が予想されますが、そうした人々の健康を国が補償していくことはできるのでしょうか?(がんになっても、因果関係が認められないのではないでしょうか)

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-18 09:20 | 脱原発