弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 06月 03日 ( 3 )

女子力が高い大男

b0206085_1591311.jpg

事務局Hです.
近頃,女子○○という言葉をよく耳にします.
女子会,女子飲み,女子力・・・等々.

先日,5月生まれの私と,6月生まれの友人のために,仲の良い友人らが誕生日会を開いてくれました.
開催場所が私の家に決まったので,自分の誕生日ディナーを自分で作るのか・・・と思ったのですが,
友人に料理を振る舞うのは好きなので,ある程度の下準備をして,当日を迎えました.

当日,一応主役だし,仕事後だし,いくら料理好きでも5人分は面倒だなぁと内心思っていたら,
男友達が一人,台所に立ちはじめ,黙々と料理の続きを手伝ってくれました.
日頃,女子力が高いと褒められ,少しいい気になっていた私ですが,
彼の包丁さばきと手際の良さを見て,ちょっと料理が出来る程度でうぬぼれていた自分を恥ずかしく思いました.

体重が私の2倍近くあるマッチョマンの方が女子力が高いなんて・・・!と大ダメージを受けたので,
不本意ながら,彼以上の女子力を身につけることが,私の今年の抱負になりました.
b0206085_1595587.jpg

女子力が高い大男と作ったこの日のメニューは,バーニャカウダ,ロールキャベツ,トマトと海老の冷製パスタ,アボカドとチーズと生ハムのおつまみでした.
どれもとても美味しかったです.

谷直樹法律事務所
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-03 15:10 | 事務局

WHO警告,21世紀中に喫煙により10億人が死亡

b0206085_11223017.jpg

ロイターは,次のとおり伝えています.

「世界保健機関(WHO)は「世界禁煙デー」の31日、2030年までに喫煙による年間死亡者数が800万人に到達する恐れがあるとの報告書を発表した。
WHOは、今年は喫煙が原因で約600万人が死亡する見通しで、そのうち60万人は受動喫煙によるものだと推計。この傾向が続けば、21世紀中に喫煙により10億人が死亡することになると警告している。

喫煙者を減らすべく、WHOは各国政府に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(FCTC)」の締約を呼び掛けている。

2005年に発効した同条約は現在、172カ国と欧州連合(EU)が締約しているが、マーガレット・チャンWHO事務局長は声明で、単に条約に署名・締約するだけでなく、各国が禁煙への取り組みを強化することを呼び掛けた。」


ロイター「喫煙による死亡者数、年間800万人に達する恐れ=WHO」ご参照

こういうニュースに接すると,喫煙者は,反発することが多いようです,
それが,タバコ依存による「認知の歪み」なのです.

不安を感じつつ,タバコをやめられないと思っている人は,「喫煙による死」を突きつけるニュースを否定したくなるようです.

しかし,タバコは,意思が弱くてやめられないのはなく,ニコチン依存のためにやめにくいのです.
自己流で禁煙に失敗した人でも,禁煙外来で適切な禁煙治療を受ければ,タバコをやめられる可能性は高くなります.
やめる大変さは後のばしにしても減るものではありませんから,病気になってタバコをやめるより,病気になる前にやめた方がよいと思いますが,いかがでしょう.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-03 08:47 | タバコ

抗菌薬の処方,ガイドラインより経験重視の実態

b0206085_5283317.jpg

メドピアは,平成23年5月31日,抗菌薬の処方方針に関する調査結果を発表しました.
調査は4月18日~24日に実施.有効回答数は2295件.
約6割の医師が治療ガイドライン(以下,GL)よりも自身の経験に基づく処方を実施していたことがわかった,とのことです.

◆ 「自身の使い慣れた複数の薬剤を使い分けている」59%(1340件)

この回答医師のコメントは,以下のとおりです.

「GLに従うのがベストかもしれないが,院内採用薬の制限などから,どうしても使い慣れた薬剤の中から選択せざるを得ない」(40代,小児科)
「重症例や特殊や症例以外は使い慣れた抗菌薬を投与している。GLも気になるが病院採用薬の都合もありその通りにはいかない」(40代,一般内科)
「GL通りいくなら苦労はない。自分の使用経験をもとに使用」(50代,消化器内科)
「GLに沿うよう病院から言われるが,自分の使い慣れたものでないと不安なので経験を優先」(40代,一般内科)
「副作用出現の度合いとかは,使い慣れているとだいたい感覚でわかるので,使い慣れたものに偏っている」(30代,耳鼻咽頭科)
「研修医時代より上級医に教えてもらった抗生剤の使い方で投与している。それが概ねGLに沿っていると認識している」(30代,脳神経外科)

◆ 「GLに従って抗菌薬を使い分けている」28%(633件)

この回答医師からも,GLを基本に使い慣れた薬剤を処方しているとのコメントが多く寄せられました.
「GLを遵守し耐性菌の出現を避ける努力をすべき」との意見も複数.

ミクス「抗菌薬 経験重視の処方が半数超 採用薬などでGLに沿えず 医師調査

◆ 感想

使い慣れた薬が安心という気持も分からないではないですが,GLは多数の医師の経験と知見をもとに整備されてきたものですから,GLより経験優先の処方方針で,実際に治療効果があがり,耐性菌感染症を防止できているのか,問題がありそうです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-03 05:25 | 医療