弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 06月 14日 ( 3 )

法の支配指数(Rule of Law Index)発表

b0206085_16122697.jpg

World Justice Projectは,6月13日,年次報告書「Rule of Law Index2011」 (法の支配指数2011)を発表しました.

AFP「「法の支配」実態調査,露中米などに問題指摘」によると,「法の支配」指数が最も高かったのはスウェーデンとノルウェーとのことです.

ロシアは,抑制均衡が政府各省庁で深刻に不足しており(55位),結果として汚職や刑事免責,政治介入などに特徴づけられた体質がもたらされていると指摘されました.また,言論の自由や結社の自由,プライバシーの恣意的な侵害など,基本的人権の侵害もみられると評価されました.

中国は,法制度の質や効率,説明責任が「大幅に改善」されたと評価.一方で,司法の独立という領域ではさらに改善が必要だと指摘されました,また,労働権(61位),集会の自由(66位),言論の自由(66位)など,基本的人権の指標が弱かった,とのことです.

米国は,ランクが高く,特に抑制均衡や,市民的自由の保障,司法制度の独立性などが高く評価されました.一方で,司法制度の利用の点で所得による差がみられ,一般的な認識として,少数民族や外国人が警察や裁判所で不平等な待遇を受けている点も指摘された,とのことです.

日本については,AFPは報じていません.
そこで,報告書をみると...

Japan is one of the highest-ranking countries in 
the East Asia and Pacific region. The country’s
institutions and courts rank among the best in
the world. Japan places 2nd in the region and 4th
globally for the effectiveness and transparency of
its regulatory agencies. Security is high (ranking
4th in the world) and the criminal justice system is
effective (ranking 11th), although concerns remain
regarding due process violations. Japan’s lowest
score is in the area of accessibility and affordability
of civil procedures, mainly because of high litigation
costs. The high costs imposed by courts and lawyers,
for instance, place Japan 44th out of 66 countries
in terms of accessibility and affordability of civil
procedures.

刑事司法制度は,適正手続き違反の問題がありますが,実効的で,11番目に格付されています.
他方,裁判費用と弁護士費用が高額なため,民事裁判へのお手頃なアクセスでは,66国中44位となっていると指摘されています.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ172サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-14 16:12 | 司法

『燃えつきるまで』

b0206085_9243262.jpg事務局Hです.
普段,恋愛小説はあまり読まないのですが,
友人に勧められて,唯川恵さんの「燃え尽きるまで」を読みました.

物語は,31歳の主人公が,5年交際した男性から突如別れを告げられるところから始まります.

失恋の痛手から,男性を忘れてすっきりと立ち直るまでを描いた作品なのですが,
立ち直るまでの過程が,元恋人を取り戻そうと躍起になったかと思えば,忘れるために一夜限りの恋をしてみたり,落ち込むあまり仕事でミスを連発し異動の危機にさらされたり,男性の新恋人に復讐をしたりと,なかなか展開が早いハードな内容になっています.

元恋人を取り戻そうとするあまり,仕事も男性並にこなす強い主人公が惨めな女に成り下がってしまう描写は,読んでいるこちらも辛いものがありましたが,
私は,あまり主人公に感情移入することができず,
復讐シーンでは,「不法侵入」「窃盗」「器物損壊」「ストーカー」という単語が頭の中をぐるぐるしてしまいました.
恋愛体質の女性なら,感情移入して楽しめると思います.

結婚を考えていた相手と別れた女性が荒れる気持ちは想像できますが,
ここまでするかと驚くシーンが盛りだくさんで,
先が気になるあまり,1時間ほどで一気に読み終えてしまいました.

谷直樹法律事務所
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ172サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-14 09:19 | 趣味

札幌市消防局,救急搬送指示ミスで病院到着10分遅れ,患者死亡

b0206085_8395331.jpg

◆ 事案

平成23年6月11日,「夫が『胸が痛い』と言っている」と119番通報があり,間もなく救急隊が到着し心肺停止状態の50代男性の搬送を始めました.
指令員は,救急隊に誤った搬送先を指示し,そのため搬送距離は約6キロ長くなり,病院到着が約10分遅れました。
指令員は「119番が相次いであり,混乱して間違えた」とのことです.
なお,死亡との因果関係は不明です.

◆ 感想

さぞかし御遺族は無念でしょう.

札幌市では,その前日6月10日に,救急隊が道を間違い,現場へ到着するのに約6分遅れた,とのことです.
横手市消防本部でも,6月3日,道を誤り,病院到着が10分遅れたと報じられています.
救急隊が道を誤るケースは,カーナビ等で解決できそうな気がするのですが.結構あるようです.

本件は,指示自体を誤ったケースです.
119通報が相次ぐことも当然ありますから,そのようなときでも,指令員が混乱せず的確な指示ができるよう,事故の経過を調べ,再発防止策を具体的に検討していただきたく思います.

毎日新聞「搬送ミス:病院名間違え到着遅れ、男性患者死亡 札幌」ご参照
朝日新聞「搬送先病院名を誤って指示 救急隊の到着遅れる」ご参照
毎日新聞「救急搬送ミス:横手市消防本部、80代女性患者を /秋田」ご参照


谷直樹

下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ172サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-14 00:03 | 医療事故・医療裁判