弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 06月 25日 ( 2 )

韓流「とんちゃん」

b0206085_13224255.jpg事務局Hです.

先日,高校時代にお世話になったバンドコーチと,韓国料理店「とんちゃん上野店」に行ってきました.

オンドル石の上で焼いたサムギョプサルはとても美味で,ビールで乾杯をしてから,サンチュに肉とネギや辛みそを乗せ,口いっぱいに頬張る瞬間はとても幸せです.

かつては下北沢・吉祥寺界隈を賑わせたバンドのメンバーだった彼も,社会人5年目。
休日返上でお仕事をするほど忙しいらしく,食事中にかかってくる電話にもテキパキと対応する姿からは,社会人の風格が感じられました.

感情たっぷりに歌い上げていたその口から,「大変お世話になっております」等という言葉が出てくることが驚きで,その横で肉を頬張りながら,確実に月日は流れていくのだなぁと,妙な感想を持ってしまいました.

数年前からの韓流ブームに,近頃のK-POP人気も相俟って,韓国料理店は大人気です。
「とんちゃん」でも,韓国人の店員さん達はとても元気がよく,お肉を焼いてくれるときに,
「イマダーーー!!」
とニンニクを投入したりするので,楽しいです.

サムギョプサルと焼きめしだけで十分お腹が一杯になってしまったので,サイドメニューは試せなかったので
すが,メニューを見る限り冷麺等も美味しそうです.

新しく池袋店もオープンするとのことなので,是非一度足を運んでみてください.

谷直樹法律事務所
下記バナーのクリックを御願いいたします.
弁護士ブログ175サイト中の順位がわかります.


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-25 13:20 | 日常

福井大学医学部附属病院看護部,PNS(Partnership Nursing System)の成果

b0206085_1512595.jpgアメリカの刑事ドラマをみると,2人の刑事が一緒に行動しています.
その看護師版と言ったら,わかっていただけるでしょうか.

PNS(Partnership Nursing System)は,看護師が質の高い看護をともに提供することを目的とし,良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を活かし,相互に補完し合いその成果と責任を共有する看護体制です.
パートナー2人ずつにより作られたチームが委員会活動をはじめ,病棟内の係の仕事,受持ち患者,日々の看護ケアに至るまでの全ての業務を相互に補完し合いながら遂行するわけです.

福井大学医学部附属病院看護部は,それをとりいれ,実践しているそうです.
その結果は次のとおり.

「•個人プレーからチームプレーになり看護師間のコミュニケーションが何十倍も増した。
•看護技術面でのオカレンスが減った。
•情報を共有していることで、一人が急変時に即対応していてももう一人の看護師がいることで、途切れることなく受持ち患者の対応ができる。また、急変患者の対応に集中できる。
•お互い見られていることで確実な看護技術が提供できる(手を抜けない)。
•PNSは協働であり看護技術をサポートしながら互いの知識・技術のレベルアップが図れる(OJT)。
•若年看護師は従来の一人持ちでは重症患者等を受け持つことができなかったが、先輩とペアになることで、重症患者を受け持つことができ先輩の技術を学ぶことができる(OJT)。
•患者の要望・サービスがタイムリーにできる。
•昼休憩が確実に取れる。超過勤務が少ない。」


そういえば,患者側弁護士も2人1組で,訴訟に取り組むことが多いです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ175サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-25 01:39 | 医療