弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 08月 21日 ( 3 )

『アートアクアリウム展 ~江戸・金魚の涼~』

b0206085_21263079.jpg


日本橋での会議の帰りに,木村英智さんの『アートアクアリウム展 ~江戸・金魚の涼~』を見てきました.

屏風型の水槽の中を金魚が泳ぎ,照明と影が幽玄な雰囲気をつくりだしていました.
一見の価値があります.

コレド室町の日本橋三井ホール,9月12日までです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-21 21:34 | 動物

夏が好き

b0206085_9224160.jpg

夏と言えば,

夏休み,夏祭り,花火,縁側,風鈴,簾,朝顔,向日葵,日傘,打ち水,川床,避暑,施餓鬼会,風炉茶,袷,単衣,浴衣,団扇,金魚,蛍,素麺,西瓜,冷奴,水羊羹,夏野菜の冷製スパゲティ,アイスティー,アイスクリーム,かき氷,ラムネ,サイダー,夏の空,夏の雲,夏の風,夏の海,夏の夜,ボサノバ,野外オペラ・・・

夏を満喫しないと.今年の夏もそろそろ終わりです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-21 09:23 | 休暇・休日

はしもと和クリニック,院長医師(心療内科)が自殺幇助未遂で逮捕される

b0206085_131692.jpg◆ 報道

時事通信「自殺ほう助未遂で医師逮捕=交際の元患者軽傷-徳島」(平成23年8月20日)は,次のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「交際していた元患者の女性(34)の自殺を手助けしようとしたとして、徳島県警徳島東署は20日、自殺ほう助未遂の疑いで、徳島市上八万町、医師××××容疑者(53)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は19日午後10時15分ごろ、経営するクリニック1階のらせん階段の手すりにロープを結び、自殺を決意した女性の首に通すなどした疑い。
 同署によると、ロープが緩んで自殺は未遂に終わった。女性は首にあざが残ったが、命に別条はないという。女性が携帯電話で110番して発覚した。××容疑者は心療内科などのクリニックを経営し、女性は約10年前から通院していたという。」


◆ 感想

この心療内科の医師は,患者と交際していたとのことですが,それ自体が問題です.
心療内科の患者は,治療の過程で,過去の感情を今の治療者に向けることがあります.
そのため,患者は,過去の恋愛感情を医師,カウンセラーなどの治療者に向けることがあります.
それは,治療の一種の副作用です.
患者は,それが感情転移であることに気付かず,治療者を好きだと錯覚します.
治療者が,患者のこの錯覚につけこんで,関係をもつことは許されることではありません.
本件で,医師が10年前から通院している元患者と交際していたという報道が事実であれば,ハラスメントの一種と言えると思います.

「患者のための医療法律相談」(法学書院)の拙稿「精神科医と転移・逆転移」ご参照.

また,心療内科の患者が,死にたい,などと口にすることはよくあることです.
元患者と報道されていますが,この女性が携帯電話で110番したことも考えると,本件で,この女性に真に自殺の意思があったかはいささか疑問でしょう.

報道が事実であれば,医師としてあるまじき行いです.
厳正な捜査を期待いたします.

【追記】

MSN産経「逮捕の医師不起訴 自殺幇助未遂を傷害罪に 徳島地検」(平成23年9月9日)は,次のとおり報じました.

「徳島地検は9日までに、交際相手の女性が首をつって自殺しようとするのを手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)未遂の疑いで逮捕された「はしもと和クリニック」元院長、××××医師(53)=徳島市=の罪名を傷害罪に切り替え、不起訴処分(起訴猶予)とした。処分は8日付。

 自殺は未遂に終わった。地検は不起訴の理由を「被害者が処罰を望んでおらず、社会的制裁を受けている」などとし、傷害罪への変更については「女性が自殺を決意しているという認識が認められなかったため」と説明した。

 同クリニックは、心療内科、精神科、内科の診療科があり、女性はクリニックに通院していた。」


やはり,自殺幇助ではありませんでした.「自殺を決意している」という状況ではなかったのでしょう.
本件の具体的な手段では体重を支えられないなど,殺人の実行行為性が難しかったので,また,不起訴にするため,傷害に変えたのでしょう.
医師としてあるまじき行為ですが,「被害者が処罰を望んでおらず、社会的制裁を受けている」以上,不起訴は適切だと思います.

[刑法]
第二百二条 人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、六月以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。

第二百三条 第百九十九条及び前条の罪の未遂は、罰する。

第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-21 00:48 | 医療事故・医療裁判