弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 09月 02日 ( 3 )

新潟県立精神医療センター,入院患者が10カ所骨折,院内調査開始始,県警に届出

b0206085_9435685.jpg時事「入院患者が10カ所骨折=暴行受けた可能性-新潟」(平成23年9月2日)は,次のとおり報じました.

 「新潟県は2日、県立精神医療センター(同県長岡市)に入院中の30代男性患者が肋骨(ろっこつ)9本など計10カ所を骨折していたと発表した。命に別条はない。センターは何者かに暴行を受けた可能性が高いとして、院内調査を始めたほか、県警長岡署に届け出た。
 センターによると、男性は主治医に「3人の男性看護師に殴られた」と話しているという。センターは「話の信ぴょう性には疑いがあり、警察にも捜査をお願いすることにした」としている。」


院内調査を始めるだけではなく,警察にも捜査をお願いするのは,適切な対応だと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-02 19:46 | 医療

コクリコ坂から

b0206085_919497.jpg
事務局Hです.
公開直後からずっと観たいと思っていた「コクリコ坂から」を,やっと観に行きました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

舞台は,東京オリンピックを控えた1963年の横浜.
高校に通いながら下宿屋を切り盛りする高校2年生の「海」と,
老朽化した文化部部室「カルチェラタン」を,取り壊し計画から守ろうとする高校3年生の「俊」の恋物語です.

海の亡き父と俊の亡き父が同じ人物であることが判明し,惹かれ合う二人の関係がどう変化していくのか,がメインストーリーなのですが,
個人的には,途中から展開が読めてしまったので,結末は予想通り・・・といった感じでした.
しかし,海と俊が互いを想う気持ちに正直に,「たとえ血のつながりがあっても好きだ」と伝え合うところや,
海と母親の,亡き父と俊の関係についての一連の会話の中で,母が亡き夫を愛し信頼し,夫の不貞の疑惑すら受け入れているところなど,
それぞれの登場人物が,自分の気持ちに正直で,且つ人を信頼する姿勢には心を打たれました.

監督は宮崎駿さんではありませんが,さすがジブリ映画だけあって,
舗装されていない坂道や,人があふれる商店街や港町の熱気,まだみなとみらいの夜景がない山下公園など,その時代を知らない私もどこか懐かしさを覚えるような風景が美しかったです.
また,私は宮崎駿さんの映画に出てくる「お父さん」がとても好きなので,
今回も,寡黙で,普段あまり表には出てこなくても,ここぞという時に主人公の力になったり,温かい言葉をかけたりする「男の中の男なお父さん」を期待していましたが,
俊の育ての父親がやはりとても魅力的で,いい味を出していました.

今回は,お父さんだけでなく,熱い俊のブレーキ役も担う生徒会長水沼くんや,カルチェラタンの学生,海の下宿人など,いつも以上に脇役が魅力的な映画だなと思いました.

DVDが出たら,もう一度ゆっくり見たいです.

谷直樹法律事務所
応援のクリックを御願いいたします.クリックがランキング順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-02 19:25 | 趣味

箕面市立病院,医療用スポンジ残置約22年,100万円で示談

b0206085_8573289.jpg

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ 報道

msn産経「手術後スポンジ置き忘れ約22年 箕面市立病院」(平成23年9月1日)は,次のとおり報じました.

「箕面市立病院(大阪府箕面市)は1日、同府吹田市内に住む女性患者(61)に対し約22年前に行った手術で、体内にこぶし大のサイズのスポンジを置き忘れる医療事故があったと発表した。病院側は女性に謝罪を済ませ、同日までに慰謝料約100万円を支払い和解している。

 病院側の説明によると、当時39歳だった女性が平成元年2月、箕面市立病院で総胆管結石の手術を受けた際、主治医が臓器を固定するための円形の医療用スポンジ(直径約8センチ)を置き忘れたまま縫合した。

 女性は21年6月に肝機能障害のため吹田市民病院に入院。肝機能は改善したものの、内臓脂肪測定検査で腫瘤(しゅりゅう)を指摘され、肝腫瘍と診断された。22年11月に手術を行ったところ、肝腫瘍に見えた部位が医療用スポンジと判明し、摘出した。健康被害はないという。

 示談金は、顧問弁護士と相談したうえで、過去の医療事故の判例などを元に算出した。病院側は「再発防止に努めたい」としている。」


◆ 感想

ガーゼなどの異物を残置する事故は,今でもあとをたちません.
単純な「確認のミス」であり,手順を遵守することで防止可能な事故です.

具体的な健康被害がない場合でも,患者は異物を体内に残されたことで精神的損害を受けていますから,賠償(慰謝料)が必要です.
本件の100万円は,医療事故の判例などを元に算出したとのことですが,より高額な示談事例もあります.

今年5月にも,鳥取県立中央病院で,平成6年に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた患者が、腰に痛みを感じ,平成22年7月に鳥取大病院で腰の手術を受けたところ,親指大に丸まった,直径数センチの大きさの手術用のガーゼ1枚が体内から見つかった事案で,350万円の賠償金が支払われる,と報道されていました.

msn産経「ガーゼ取り忘れで和解へ 鳥取中央病院」(平成23年.5月17日)は次のとおり報じました.

「鳥取県立中央病院は17日、兵庫県香美町の60代の女性に腰椎椎間板ヘルニアの手術をした際、体内のガーゼを取り忘れるミスがあったと発表した。女性とは和解することで合意しており、慰謝料など350万円を支払う。

 武田倬院長によると、女性は平成6年に手術を受けた。約6年前から再び腰が痛くなり、22年7月に鳥取大病院で手術を受けた際、親指大に丸まったガーゼ1枚が出てきた。

 中央病院で同様のガーゼ取り残しが判明したのは3件目。武田院長は「こういうことがないように万全の体制で臨むようにしたい」と話した」。


異物を体内に残した場合の賠償金は, 1)残留物の材質,大きさ,2)体内から取り出すことが出来るか否か,3)取り出すまでの期間,4)痛みなど不具合発生の有無,程度により異なります.

鳥取県立中央病院の上記の事案は,ガーゼの取り忘れと痛みとの間に関連性があるとはいえないことを前提に350万円の賠償金を支払っています.
また,「慰謝料など」と書いていますが,残留ガーゼと無関係な腰痛の治療のため鳥取大病院で手術を行ったとすれば,その手術費用はガーゼの取り出しのためとは言えませんので,損害にはなりません.

ガーゼを6年残置した鳥取県立中央病院の事案で350万円ですから,スポンジでを約22年残置した本件の示談金額については疑問がないではありません。
本件は,スポンジが肝腫瘍に見えたために,本来必要のない手術を行ったわけで,手術費用も損害になるのではないか,と思います.

もちろん,示談ですから,当事者が真に合意してしていれば,100万円でもよいと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-02 08:40 | 医療事故・医療裁判