弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 09月 29日 ( 2 )

神戸地裁平成23年9月27日判決(ベリタス病院看護師のアラームへの対応の遅れ)

b0206085_1062334.jpg

◆ 事案

患者(24歳,男性)は脳などに障害があり,平成19年5月に肺炎治療のため晋真会が運営するベリタス病院に入院しました.
同年7月14日早朝,患者の気道を確保する装置がずれてアラームが鳴りましたが,夜勤の看護師3人は他の業務に従事しており、すぐに対応しませんでした.患者は呼吸が停止して意識がなくなり,翌年5月に死亡しました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


◆ 判決

晋真会側は「看護師の業務は多様で複合的。アラームへの対応の遅れが過失ということにはならない」などと主張しましたが,判決は,アラームへの対応が人命に関わる場合があると指摘してその主張を退け,アラームの対応を優先すべきだった,と過失を認め、同会に2250万円の賠償金支払いを命じました.

毎日新聞「損賠訴訟:川西の医療法人に2250万円賠償命令 過失を認定--神戸地裁 /兵庫」(平成23年9月28日)ご参照

◆ 感想

アラーム音にすみやかに対応しないと,アラームの意味がありません.
看護師には,命にかかわる場合があるアラーム音発生にすみやかに対応するという注意義務があります,
他の業務があることもわかりますが,少なくともなぜアラームがなったかの確認を行わないと,他の業務の方を優先すべきであると判断することはできないはずです.
アラームが鳴った原因を調べるという程度の対応は,最小限必要です.
本件の看護師は,業務の優先順位の判断を誤ったものと考えられます.

モニターのアラーム関連事故は,結構,報告されています.
日本看護協会の2009年11月27日のセミナーによると,事故報告書が2件,新聞記事(1997年-2007年)が17件あったとのことです.
心電図,人工呼吸器等のアラームが頻繁に鳴ることで,関心が薄れ,ときには確認を怠ることもあります.このような看護の実態は,注意義務違反を免責するものではありません.
本件にような結果が生じると,注意義務違反の責任を問われます.
日本看護協会は,平成22年に「一般病棟における心電図モニタの安全使用確認ガイド」を発表しています.その中には,「アラーム鳴動時の適切な対応体制」も記載されています.
モニター番を設けている病院もありますし,臨床工学士によるモニターアラームコントロールチームを設け,本当に必要なアラームを逃さないようにしている病院もあります.
判決を機に,再発防止を御願いしたいと思います.

「看護業務をめぐる法律相談」(新日本法規社)の拙稿「適切なモニター監視を怠ったことによる事故の責任は」612頁ご参照

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-29 09:35 | 医療事故・医療裁判

東京地裁平成23年.9月28日判決(銀座眼科レーシック感染事件,業務上過失傷害罪で禁固2年)

b0206085_10243395.jpg

◆ 事案

銀座眼科元院長医師溝口朝雄さんは,平成20年9月から21年1月,医療器具の滅菌など基本的な注意義務を怠たり,レーシック手術を行い,患者7人に細菌性角膜炎を発症させました.患者には不正乱視などの後遺症が残りました.

◆ 判決

近藤宏子裁判官は,「単に面倒くさいといった理由から手術前の手洗いを怠ったり、経費を惜しんで取り換え式の刃を使い回したりした」「被害者は失明の恐怖にさいなまれ、人生を狂わされた。刑事責任は誠に重い」として,溝口朝雄さんに禁錮2年(求刑禁錮3年)の実刑判決を言い渡しました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ 報道

msn産経「レーシック手術集団感染 銀座眼科元院長に禁錮2年判決 東京地裁」(平成23年9月28日)はつぎのとおり報じました.

近視矯正のレーシック手術で患者7人に感染症を発症させたとして、業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(閉鎖、東京都中央区)元院長で医師、溝口朝雄被告(49)の判決公判が28日、東京地裁で開かれた。近藤宏子裁判官は「被害者は失明の恐怖にさいなまれ、人生を狂わされた。刑事責任は誠に重い」として、溝口被告に禁錮2年(求刑禁錮3年)を言い渡した。

 近藤裁判官は溝口被告が手術の際、刃の交換や手袋の装着を行わなかったことについて、「多額の負債を抱える中で経済的利益を優先させ、時間のかかる丁寧な洗浄や滅菌を怠るようになった」と指摘。「発症者が出た後も対策を講じず、約3カ月半にわたり被害を拡大させた」と非難した。

 判決によると、溝口被告は平成20年9月から21年1月、衛生管理を徹底せずにレーシック手術を行い、東京都内に住む男性ら20~50代の7人に細菌性角膜炎を発症させた。

 被害者弁護団によると、起訴内容に含まれなかった被害者は100人を超えるとされ、うち55人が溝口被告に計4億円以上の損害賠償を求め、東京地裁に提訴している。

 溝口被告は公判で「医師として社会復帰し、被害者への賠償に努めたい」と話していた。

 元患者らは判決後、厚生労働省に溝口被告の医師免許取り消しを求める要望書を提出。東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた会見で、元患者の加藤清香さん(30)は「手術時に手を洗うこともできない人に、医師が務まるのか」と怒りをあらわにしていた。


◆ 感想

医療過誤で実刑判決が確定したのは,造影剤誤投与事件の静岡地裁昭和39年11月11日判決,東京高裁昭和40年6月3日判決,塩化カリウム液ワンショット投与事件(宇治川病院事件)の京都地裁平成17年3月14日判決,京都地裁平成17年6月13日判決,大阪高裁平成18年2月2日判決くらいです.

本件は,基本的な注意義務を継続的に怠り,重大な結果を広汎に発生させたことなどを考えると,適正な判決と思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-29 06:12 | 医療事故・医療裁判