弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 09月 30日 ( 3 )

新潟県立新発田病院,ガーゼ17年間遺残事故を発表

b0206085_17592097.jpg◆ 報道

新潟日報「体内にガーゼ17年間、手術時に残す 県立新発田病院」(平成23年9月30日)は次のとおり報じています.

「県立新発田病院(矢沢良光院長)は30日、下越地方在住の70代男性患者の体内に、手術で使ったガーゼが約17年間にわたって残るミスがあったと発表した。

 同病院などによると、患者は1994年1月に同病院で肝臓部分の切除手術を受けた。ことし7月、CT検査で肝腫瘍があることが分かり、9月上旬に手術をした際、ガーゼが残っていたことが発覚した。男性はすでに退院している。」


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ 感想

日本医療機能評価機構は,平成23年8月30日,「医療事故情報収集等事業 平成22年年報」を公表しました.
昨年1年間で報告された再発・類似事例は,「体内にガーゼが残存した事例」が30件で最も多かった,とのことです.
ガーゼ遺残事故を減らすように徹底する必要がありますし,事故が発生した場合には適正な補償が必要と思います.

少し古いですが,雑誌『患者のための医療』の「医療事故情報」(高田宗明・藤田康幸編)に掲載されていたガーゼ関連の事故は,以下のとおりです.
判決は35万円の鹿児島地裁判決から約470万円の東京地裁判決まで,示談は10万円の名古屋市立城西病院から700万円の枚方市民病院まで,様々です.

■判決:東京地裁 2001-11-27
(事故:東京/聖路加国際病院 1996-01)
 帝王切開でガーゼ置き忘れ。認容額約470万円

▲事故:新潟/県立新発田病院 2002-03
  ◇産婦人科の開腹手術、ガーゼの置き忘れで再手術。

▲事故:福井/福井医科大学病院 2000-08
 鼻の手術でガーゼを置き忘れ、1年間も患者の訴えを無視

■判決:鹿児島地裁H14.5.8
(事故:鹿児島/鹿児島市立病院 1999-08-01)
 緊急帝王切開手術を受けた際にガーゼを置き忘れ。慰謝料請求。請求認容(35万円)

▲事故:広島/広島大学病院 2001-05-24
 右頬部の髄膜腫摘出術でガーゼを置き忘れ、再手術

▲事故:岡山/岡山大学病院 2000年、2001年
 局所麻酔薬誤注射と体内ガーゼ置き忘れの2件の医療ミスが判明

●示談:2002(事故:兵庫/市立伊丹病院 1985)
 17年前の手術でガーゼを置き忘れ。慰謝料支払(約130万円)

●示談:2002(事故:大阪/泉大津市立病院 1999-03、1999-08)
 2人の患者の体内にガーゼを残すミス。示談成立(計500万円)

●示談:(事故:愛知県/名古屋市:市立城西病院 2002-03-15)
 子宮筋腫摘出術で腹腔内にガーゼを置き忘れ。処分。示談成立(示談金10万円)。

●示談:2002-08-02
(事故:神奈川県/横浜市:横浜市立大学病院 1996)
 心臓手術時にガーゼを遺残。示談成立(示談金約160万円)。

▲提訴:大分地裁 2002-08-17
(事故:大分県/大分市:大分赤十字病院 1998-09)
 手術でガーゼを腹腔内に遺残、病院を提訴。

▲提訴:東京地裁 2002-10-09
(事故:東京都/渋谷区・日本赤十字社医療センター(当時・日赤中央病院)1949-04)
 52年前の手術で体内にガーゼ2枚を置き忘れ。損害賠償を求めて提訴。

▲事故:富山県/高岡市・済生会高岡病院 2001-09
 肩の手術でガーゼの置き忘れ。謝罪、補償へ。

▲事故:新潟県/長岡市・長岡赤十字病院 1991-01
 腹腔内膿瘍手術でガーゼ発見。11年前の直腸手術時に遺残。

●和解:大阪地裁(2003-02-25まで)
(事故:大阪府/枚方市民病院 1995-05)
 ガーゼ置き忘れ、700万円で和解。

●示談:(2003-02-05まで)(事故:宮崎県/延岡市・県立延岡病院 1998-10)
 腹部手術で13年間ガーゼ遺残。335万円で示談。

●示談:(2003-02-21まで)(事故:兵庫県/城崎郡・公立香住総合病院 1993-05)
 手術でガーゼ置き忘れ、9年後に判明。約200万円で示談。

●示談:(2003-02-25まで)(事故:岐阜県/大垣市民病院 1987-05)
 14年間置き忘れたガーゼを放置。謝罪、200万円で示談。

●示談:(2003-02-28まで)(岐阜県/県立岐阜病院 1994、1998、2001)
 4件の腹腔内ガーゼ遺残事故。謝罪。示談。

▲事故:鳥取県/鳥取大学病院 1991
 開腹手術でガーゼの置き忘れ。

▲事故:秋田県/北秋田郡比内町・町立扇田病院 2001-01-23
 手術でガーゼを置き忘れ。謝罪。

▲事故:山梨県/山梨厚生病院 2003-04-21
 胆のう摘出術でガーゼ遺残、翌日再手術。

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-30 17:04 | 医療事故・医療裁判

土岐市立病院,腹腔鏡手術で総胆管を切断し,仮性動脈瘤が破裂して死亡した医療事故で和解

b0206085_17563610.jpg

岐阜新聞「医療事故800万円賠償 土岐市、市立病院で術後に死亡」(平成23年9月30日)と報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「土岐市は29日、市立総合病院で今年2月6日に瑞浪市の70代の女性に腹腔鏡手術をした際、誤って総胆管を切断、その後死亡する医療事故があった、と発表した。遺族と損害賠償金800万円を払うことで和解することになった。

 同病院によると、女性は胆石胆のう炎と診断され、胆のう摘出手術を受けた。その際、誤って総胆管を切断、開腹手術に切り替えてつなぎ合わせたという。2月下旬に肝動脈付近に血液がたまる仮性動脈瘤(りゅう)が見付かり、せんをしてふさぐ手術をしたものの、3月1日に同動脈瘤が破裂し、女性は大量出血のため翌日死亡した。

 同病院は「誤って総胆管を切断したこと、さらにその後の手術が動脈瘤の形成につながったことを否定できない」としている。

 29日の市議会で、損害賠償金を支払うための議案を可決した。」


死亡事故で800万円ですが,遺族が求めるものは賠償金とは限りませんので,当事者が納得して解決できたことの方が大事だと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-30 15:40 | 医療事故・医療裁判

芥川龍之介氏『煙草と惡魔』

b0206085_5174093.jpg
「煙草は、本來、日本になかつた植物である。では、何時頃、舶載されたかと云ふと、記錄によつて、年代が一致しない。」

芥川龍之介氏の短編『煙草と惡魔』の冒頭です.

「煙草は、惡魔がどこからか持つて来たのださうである。・・・よし又それが嘘にしても、その嘘は又、或意味で、存外、ほんとうに近い事があるかも知れない。―自分は、かう云ふ考へで、煙草の渡來に關する傳說を、ここへ書いて見る事にした。」

として,煙草渡來に關する傳說を書き記すわけですが,
「煙草は、惡魔がどこからか持つて来た」 
これは説得力がありますね.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-30 04:59 | タバコ