弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 10月 08日 ( 2 )

佐賀大医学部付属病院,ガーゼ6年間遺残事故を発表

b0206085_17393823.jpg西日本新聞「佐賀大病院が医療ミス 体内にガーゼ置き忘れ」(2011年10月8日)は,次のとおり報じています.

「佐賀大医学部付属病院(宮崎耕治院長、佐賀市)は7日、6年前の心臓手術で当時50代(現在60代)の男性患者の体内にガーゼを置き忘れるミスがあったと発表した。患者が今年9月に体調不良を訴えて発覚。再手術による摘出は当面見送り、投薬治療を行っている。男性は入院中だが快方に向かっており、近く退院予定という。

 同病院によると、男性は2005年4月、心臓の大動脈付け根に人工血管を移植する手術を受けた。その際、医師が心臓裏側に置いた止血用の綿製ガーゼ1枚(20センチ四方)を除去しないまま縫合したという。

 今年9月、男性が発熱や全身の倦怠(けんたい)感を訴え、胸部のコンピューター断層撮影(CT)で検査した結果、ガーゼと直径約7センチの腫瘤(しゅりゅう)が確認された。男性と話し合って抗生剤投与で対処。医療費は全額、病院が負担する。

 同病院では手術の後、看護師がガーゼの枚数をチェックし、胸部エックス線検査を行ったがミスを発見できなかったという。宮崎院長は記者会見で「患者に多大な苦痛を与えたことをおわび申し上げます」と陳謝し、「退院後も男性の経過を観察し、適切な対処をしていく」と説明。再発防止策として、ガーゼの枚数測定器の導入などを検討するとしている。」


ガーゼの体内置き忘れ事故が続いています.
本件は,看護師がガーゼの枚数を数え間違えたのでしょう.
枚数測定器の導入が正解かもしれません.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-08 15:50 | 医療事故・医療裁判

出産準備

事務局Iです.

出産を11月に控え,最近,あわてて出産準備を始めました.
ベビーベッドやベビーバスのような大物から,肌着やガーゼといった小物まで,案外こまごまとたくさんのものが必要です.

昨年出産したばかりの姉から,祝い着などの特別なものは送ってもらったのですが,新生児の普段着など,とても汚れるものは,「汚れてるから」と,なかなかゆずってもらえません。忙しい日常の合間を縫って,赤ちゃん用品の専門店まで行くことになりました。

いろいろと大変なことも多いですが,小さなかわいい小物や洋服を見ていると,生まれてくるのが待ち遠しくなります.

谷直樹法律事務所
応援のクリックを御願いいたします.クリックがランキング順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-08 15:17 | 日常