弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 10月 22日 ( 3 )

近畿大医学部堺病院の薬剤師,薬剤(560万円相当)窃盗容疑

b0206085_8395428.jpg

近畿大医学部堺病院の薬剤師が,平成23年5月,病院調剤室の倉庫から血行障害治療剤など14種類25箱(260万円相当)を盗んだ疑いで逮捕されました.
同年7月に高血圧治療剤など18種類29箱(300万円相当)を盗んだ容疑については,すでに起訴済みです.
病院の倉庫からは他にも薬品がなくなっており,大阪府警南堺署は余罪を追及する方針とのことです.
近畿大医学部堺病院では,薬の在庫確認を年に数回しか行っていなかったそうです.

読売新聞「近大病院薬剤師 薬剤560万円分盗んだ容疑で逮捕」(平成23年10月21日)ご参照

逮捕・起訴されただけですので,有罪とは決まっていませんが,それにしても,病院の薬剤管理は,このようなものなのでしょうか.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-22 02:41 | 医療

薬害オンブズパースン会議,厚労省の下書き問題資料黒塗り不開示処分取消訴訟提起~黒塗り取消訴訟

b0206085_8472925.jpg厚生労働省は,肺がん治療薬「イレッサ」訴訟で.裁判所の和解勧告を批判する内容の声明文案を作成し,日本医学会などに提供していました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

薬害オンブズパースン会議は,2011年6月,この下書き問題について,関係者の聴取記録などの調査資料の情報開示請求を行いました.
厚生労働省は,被聴取者との信頼関係が損なわれるなどの理由で,大部分を不開示としました.大部分が黒塗りです.
薬害オンブズパースン会議は,10月20日,この厚労省の不開示処分の取り消しを求め,東京地裁に提訴しました.

毎日新聞「イレッサ副作用死:投薬訴訟 資料「不開示取り消しを」 市民団体が提訴--東京地裁」(2011年10月21日)ご参照

厚労省が,イレッサ和解について.日本医学会などの下書きをつくり反対声明をださせた事件は,電力会社のやらせ事件と同じ構造です.
医学会の権威を利用するだけ,いっそう悪質かもしれません.
厚労省が,その下書き問題についての資料を情報不開示とするのは,隠蔽と言われてもしかたがないでしょう.黒塗りは恥の上塗りです.
本件は,「厚労省恥の黒塗り取消訴訟」とも言えるでしょう.

裁判所の迅速適正な判断に期待いたします.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-22 02:06 | 医療事故・医療裁判

医薬品医療機器総合機構,禁煙補助剤チャンピックス服用後の意識障害と自動車運転事故で再び注意喚起

b0206085_8534663.jpg

2011年7 月の添付文書改訂後も,本剤服薬中,自動車を運転中に“めまい、傾眠、意識障害等”が発現し運転事故に至ったという事例が報告されている,とのことです.

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は,2011年10月20日,禁煙補助剤チャンピックス錠(バレニクリン酒石酸塩錠)服薬中の意識障害等と自動車運転事故について,再び注意喚起を行いました.

○本剤を処方,調剤される際には,「服薬指導箋」等を活用して,患者様に対し,“自動車の運転等危険を伴う機械操作はしない”よう必ず服薬指導を行ってください.
○初診時だけでなく,再来院時にも,継続して自動車の運転等はしないよう患者様への指導を行ってください.
なお,ファイザー社は「服薬指導箋」を作成しているので,患者様に継続的にお渡しください,とのことです.

チャンピックス錠(バレニクリン酒石酸塩錠)は,禁煙の力強い味方であることに違いはありませんが,米国では,うつ病,心臓病の副作用で集団訴訟が起こされていますし,注意が必要です.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-22 01:39 | タバコ