弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 10月 24日 ( 3 )

国立国際医療研究センター,看護師の連携・確認ミスで誤った薬剤を点滴投与

b0206085_19521234.jpg

時事通信「点滴で薬剤誤投与=看護師が連携ミス-国際医療研究センター」(平成23年10月24日)は,次のとおり報じています.

「国立国際医療研究センター(東京都新宿区)は24日、看護師3人の連携ミスにより、男性患者(63)の点滴に本来使えない薬剤を誤って注入した事故があったと発表した。男性は一時、動悸(どうき)や目まいを訴え、脈拍数も上がったが、5時間後には落ち着いた状態になったという。
 同センターによると、男性は腰の骨が炎症を起こす腰椎化膿(かのう)性脊椎炎で7月末に入院。点滴で抗生剤を投与する治療を受けていた。
 事故は9月10日に発生。看護師が男性患者の点滴に注入する生理食塩水の置き場所を、点滴準備室から隣の部屋に変更したのに、別の看護師への引き継ぎを忘れた。
 別の看護師は、点滴準備室にあったぜんそくや結核に使われる薬剤を生理食塩水と思い込み、3人目の看護師に投与を指示。3人目の看護師が薬剤の入れ物の色から疑いを持ったが、指示に従って点滴に注入した。」


よく確認せずに思いこむ,疑いをもっても大丈夫だろうと思いこみ確認しない,など確認ミスが重大事故につながっています.
今回重大な結果に至らなかったのは何よりですが,このような誤った薬剤の投与はいずれ重大な結果を生じてしまいます.
確認ミスを無くするよう,再発防止を徹底していただきたく願います.
他の病院も,この報道を他山の石にしていただきたい,と思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-24 19:40 | 医療事故・医療裁判

薬害イレッサ,10月25日東京高裁第2回期日

b0206085_9562844.jpg

薬害イレッサ東日本訴訟控訴審第2回裁判が,明日10月25日,101号法廷(裁判所1階)で開かれます.
控訴審は進行が早いですから,おそらく,双方の主張,立証はこの日までで終了(結審)となり,裁判所は,判決期日を指定すると思います.

傍聴券配布事件ですので,傍聴希望の方は,15時までに裁判所正門側入り口横の列に並んで抽選をうけてください.

【追記】
 結審し,11月15日 13時15分判決言い渡しとなりました.
 おそらく,東京地裁判決を維持すると思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-24 09:42 | 医療事故・医療裁判

11月6日,岡山弁護士会主催「ハンセン病のことを知っていますか?〜今も残る課題」 

b0206085_955812.jpg◆ 徳田靖之先生のインタービュー記事

毎日新聞「日曜ひろば:ハンセン病国賠訴訟西日本弁護団代表・徳田靖之さん /富山」(平成23年10月23日)から,インタービューの一部を抜粋紹介いたします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「◆ 司法の責任。そして隔離政策を許し続けた社会の責任も忘れてはいけない。

 この裁判にかかわったきっかけは予防法廃止後にもらった、1通の手紙。「人権とのかかわりが深い弁護士が何もしないのか」との指摘でした。判決でも隔離政策を合法と認めていた司法の責任には触れていません。またハンセン病と疑われた人の90%以上が隔離された背景には、戦後も全国で続いた「無らい県運動」があります。ハンセン病を恐ろしい伝染病だという大宣伝で、学校の先生が子どもを、または近所の人同士で密告が行われたのです。つまり社会が国家の人権侵害を手助けしたのです。今、私たち一人一人がその責任を自覚しないと、問題は解決しません。」

「◆ 療養所がなくても、差別はある。

 療養所のない道府県でもこの問題に関わっていく方策として、まず帰りたくても帰れない出身者と県民全体とのつながりを築いてほしい。そして若い世代にハンセン病の歴史を勉強してほしい。今の原発問題に代表されるように差別問題は後を絶たず、二度とハンセン病のような悲劇を繰り返さないためにも、差別の連鎖を絶つ動きを盛り上げるべきなのです。」


◆  岡山弁護士会主催「ハンセン病のことを知っていますか?〜今も残る課題 岡山弁護士会ハンセン病問題について考える集会」

岡山弁護士会主催「ハンセン病のことを知っていますか?〜今も残る課題 岡山弁護士会ハンセン病問題について考える集会」が,11月6日,岡山弁護士会館で開かれます.
入場無料,事前予約不要です.

基調講演;「ハンセン病と隔離政策」
 徳田靖之先生がお話されます.

パネルディスカッション;「隔離政策による被害の実態と今後の課題」(長島愛生園と邑久光明園の両自治会長らも参加)

日 時:平成23年11月6日(日) 午後2時〜午後5時(開場 : 午後1時30分)
場 所:岡山弁護士会館2階 大会議室
問い合わせ:岡山弁護士会(086−223−4401)

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-24 02:07 | 医療