弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 11月 29日 ( 2 )

市立半田病院,主治医の病理検査結果(胆のうがん)見落とし事案で和解

b0206085_8591479.jpg

◆ 事案

患者(60歳代,男性)は,2009年3月に市立半田病院で胆石と左鼠径ヘルニアの手術を受けて退院しました.
その後の病理検査で,胆のうがんと判明しました.
主治医は,患者が再び診察を受けに来た際に,検査結果を確認しませんでした.
患者は,2010年12月に左下腹部の痛みとしこりを訴えて来院し,コンピューター断層撮影(CT)検査で病変が判明しました.
治療を開始しましたが,患者は,2011年6月に胆のうがんのため死亡しました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ 対応

半田市は,2011年11月29日,患者の遺族に3000万円を支払って和解すると発表しました.
市立半田病院によれば,「検査直後からがん治療を始めていれば,最善の手当てが出来た可能性があった」とのことです.
主治医は別の病院に勤務中で,半田病院の調査に「当時のことはよく覚えていない」と答えたそうですが,市立半田病院は,事故の原因に関し,主治医の思い込みや不注意を挙げており,関係者の処分を検討する,とのことです.
市立半田病院は,医師が病理検査の結果を患者に説明後,説明内容を電子カルテに記録するなどの再発防止策を講じたそうです.

読売新聞「がん検査結果、主治医見逃す…遺族に3千万賠償」(2011年11月29日)ご参照
中日新聞「がん結果を患者に教えず 市立半田病院」(2011年11月29日)ご参照

◆ 感想

主治医は,自らオーダーした病理検査結果を適時に見るべきだと思いますが,現実には患者が来院するまで病理検査結果を見ない主治医も少なくないでしょうから,病理医のほうでも,病理検査結果で「がん」と判明した時点でただちに主治医に連絡するシステムに改めたほうがよいと思います.

本件は,患者が次回来院した時点でも,主治医は病理検査結果を見落としてしまったのですから,注意義務違反が認められます.

私も,病理検査結果を主治医が見落とした事案の依頼を受け,示談解決したことがあります.
病理検査の結果が診療に活かされなかったため,治療が遅れたという事態は,本当に無念です.

【追記】

毎日新聞「市立半田病院の医療ミス:病院長ら3人を処分 /愛知」(2011年12月28日)は,次のとおり報じています.

「半田市立半田病院で09年、病理検査で胆のうがんが判明した60代の男性患者に検査結果を知らせず、適切な治療ができなかった医療ミスで、市は27日、監督責任者の病院長と副院長を文書訓告、外科統括部長を口頭注意の処分とした。

 主治医は09年3月末に退職し、別の病院に移ったため処分の対象にしなかった。【新井敦】」


谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-29 22:04 | 医療事故・医療裁判

医師法第17条違反で院長ら逮捕

b0206085_858873.jpg

医師法第17条は,「医師でなければ、医業をなしてはならない。」と定めています.
その医師法違反の疑いで,北海道石狩市の「はまなす医院」の院長らが,11月27日,逮捕されました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

毎日新聞「医師法違反:技士が血管拡張手術 院長ら3容疑者逮捕--北海道・石狩」(2011年11月28日)は,次のとおり報じています.

「医師しかできない血管拡張手術を臨床工学技士らがしていたとして、北海道警は27日、北海道石狩市の診療所「はまなす医院」院長、××××(65)▽臨床工学技士、××××(60)▽准看護師、××××(47)の3容疑者を医師法(非医師の医業禁止)違反容疑で逮捕した。××容疑者は09年以降約150件の拡張手術に関与したといい、道警は違法な医療行為が常態化していた可能性があるとみて追及する。

 容疑は09年4月 ̄今年4月、医師ではない××、××両容疑者が人工透析患者3人に対して血管にカテーテルを挿入し、風船を膨らませて血管を拡張する「シャントPTA手術」を行ったとしている。道警は××容疑者の指示で××容疑者が手術を担当し、××容疑者が補助したとみている。××、××両容疑者は否認し、××容疑者は大筋で容疑を認めているという。

 この手術は人工透析の効率を上げるために行われ、臨床工学技士には最初に留め置き用の針を挿入する補助行為しか認められていない。血管破裂など重大事故を引き起こす危険もあるため、道警は悪質性が高いとして強制捜査に踏み切った。

 同医院は94年設立。入院病床19床のほか人工透析用のベッドが26床あり、透析患者が大半を占めていたという。常勤医は院長の××容疑者のみで、道警は透析患者が増加傾向にある中で、××容疑者が日常的に××容疑者に血管拡張手術を任せていた可能性があるとみて調べている。

 3年前から通院しているという近所の男性(75)は「院長は気さくで頼りになる先生。先生がいないと医院が開くのか心配だ」と不安そうな様子だった。【伊藤直孝、小川祐希】」


「技師,看護師に許される行為」と「医療行為」の境界には,曖昧な部分があります.
しかし,血管にカテーテルを挿入しバルーンを膨らませ血管を拡張していたとすれば,さすがにこれを医療行為(医業)ではない,とは言えないでしょう.
 院長が,技師に,血管にカテーテルを挿入しバルーンを膨らませ血管を拡張するよう指示することは,いくら医師不足であったとしても,患者を危険にさらすことになるので,常識的に考えられないことです.

「道警は悪質性が高いとして強制捜査に踏み切った」と報道されていますが,通常逮捕の要件は,「逮捕の理由」と「逮捕の必要性」であって,悪質性は問題になりません.
「逮捕の理由」とは「罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」,すなわち「嫌疑の相当性」をいいます.「逮捕の必要性」とは「逃亡・罪証隠滅のおそれ」をいいます.

 医療界には,医療者の逮捕に反対する声が強いようですが,逮捕の要件を吟味して正しく適用すべきことは,医療者に限りません.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-29 02:54 | 医療