弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 12月 07日 ( 3 )

薬害イレッサ,「専門医だから危険性を認識できた」は空理空論

b0206085_12375293.jpg薬害イレッサ東京高裁判決が「専門医だから危険性を認識できた」としたことについて,今日の読売新聞は,「一連の問題の実態を見えにくくする恐れがある。」と書いています.

読売新聞「イレッサ副作用問題 「再発防止」国・企業に責任」(2011年12月7日) は,次のとおり記載しています.

「イレッサは、「副作用が少ない」との評判が高まり、メディアを通じ一般にも広まった。同社は2002年の販売開始に当たり、すべての使用患者を追跡調査したり、医療機関を絞ったりといった安全対策をとらず、国も慎重な対策を義務づける承認条件を付けなかった。その結果、抗がん剤に詳しくない医師も含め、爆発的に使用が拡大、副作用死が相次いだとみられる。」

 「呼吸器外科医として肺がん治療を行ってきた大学病院医師は「当初、イレッサの副作用については全く深刻に考えていなかった。大問題になって認識を改めた」と語っている。」

 「取材に応じた開発担当の元社員は「治験で非常に効果があり副作用もない症例が出て、舞い上がってしまった」と社内のムードを明かし、「会社も国も被害拡大を防げなかった責任を自覚し、反省すべきだ。特に、使用患者を把握できる体制をとっていなかったことは責められても仕方がない」と振り返る。安全担当だった別の元社員も「担当者の一人として責任を感じる。国から厳しい承認条件をつけられなかったこともあり、安全性に対し油断があった」と、国の対応の甘さが企業の姿勢に大きな影響を与えたと証言している。」

 「判決後、小宮山厚生労働相は「判決内容にかかわらず、インフォームドコンセントの徹底、医薬品安全対策の強化、抗がん剤による健康被害救済の検討など政策課題は確実に実行したい」と述べた。この言葉を表向きだけに終わらせず、具体策に結実させてほしい。」


この読売新聞の記事は,「メディアを通じ一般にも広まった」ことを率直に認めています.
関係者の話は,夢の新薬に浮かれていた当時の雰囲気をよく伝えています.
こうしてみると,「専門医だから危険性を認識できた」とする薬害イレッサ東京高裁判決が現実離れした空理空論であることが改めてわかります.

小宮山厚生労働相が意欲を示している「抗がん剤による健康被害救済の検討」について森島昭夫名古屋大学名誉教授が12月5日の会議で「少なくても現在の医薬品副作用被害救済制度を延長して,抗がん剤に当てはめるのはかなり難しいのではないか」との見通しを示したと一部で報じられていますが,だから何もできないというのではなく,抗がん剤等についても救済制度は必要だ,というコンセンサスはできていると思います.
 
谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-07 11:26 | 医療事故・医療裁判

薬害イレッサ,12月9日,早稲田大学8号館412号室で学生有志が学習会を開きます

b0206085_1565437.jpg12月9日金曜日午後5時から早稲田大学8号館412号室で学生有志が,肺がん治療薬イレッサ薬害についての学習会を開きます.浦川道太郎教授,上告人の近沢さんらがお話しします.学生なら誰でも無料参加できます.

朝日新聞「サリドマイド・スモン・イレッサ…薬害なぜ 学生が9日に学習会」(2011年12月6日)は,次のとおり報じています.

「支援に取り組んでいるのは、首都圏の大学の法学部や薬学部などに在籍し、法律家や薬剤師を目指す約40人。全国薬害被害者団体連絡協議会に協力して薬害を繰り返さないための行事を運営し、イレッサ訴訟の傍聴などをしてきた。 

 中央大法学部2年の清野美衣さん(20)は昨年8月、インターンシップで都内の法律事務所で働いたことがきっかけで、次女がイレッサを飲んだ後に間質性肺炎で亡くなった原告の近沢昭雄さん(68)の話を聞いた。清野さんの祖父も間質性肺炎で亡くなった。ひとごととは思えず支援に加わった。 
 「薬害にはどういう被害があるのか」と、仲間とともにサリドマイド、スモン、ヤコブ病、C型肝炎の被害者ら6人をインタビューした。「感染症への偏見に苦しんだ患者や遺族の話を聞き、大変だったんだなと素直に感じた」という。 

 武蔵野大薬学部4年の齋藤良行さん(22)は祖母をC型肝炎による肝がんで亡くした。「祖母は母を産んだとき出血した際に感染したが、医療記録も残っておらず救済されなかったと言っていた。それだけに、こういう問題の支援を続けていきたい」という。」


薬害肝炎訴訟のときも学生たちが頑張っていましたが,薬害イレッサでも頑張っている学生たちがいるんですね.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-07 01:14 | 医療事故・医療裁判

平成22年(2010年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況

b0206085_8482361.jpg厚生労働省のサイトに,「平成22年(2010年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」が掲載されました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


医師数は,8,350人,2.9%増ですが.まだ不足のように思います.

医師の平均年齢の年次推移は,近年,病院では上昇傾向が続いています.診療所では近年横ばい傾向でしたが,平成22年は前回に比べ上昇しています.このままでは医師の高齢化が予測されますので,若い医師を育成する必要があるでしょう.

また,医師の偏在は解消されていません.

以下抜粋しご紹介します.

◆ 医師・歯科医師・薬剤師の数 

医師数 295,049人(前回に比べ 8,350人,2.9%増)
歯科医師数 101,576人(同 2,150人,2.2%増) 
薬剤師数 276,517人(同 8,766人,3.3%増) 

◆ 主たる診療科名が「小児科」「産婦人科・産科」「外科(※)」の医師数 

「小児科」 15,870人(前回に比べ 634人,4.2%増) 
「産婦人科・産科」 10,652人(同 263人,2.5%増) 
「外科(※)」 27,820 人(同 295人,1.1%増)

※外科,呼吸器外科,心臓血管外科,乳腺外科,気管食道外科,消化器外科(胃腸外科),肛門外科,小児外科をいう. 

◆ 「小児科」「産婦人科・産科」「外科」に従事する医師数

「小児科」は鳥取県が143.7人と最も多く,茨城県が62.3人と最も少ない。「産婦人科・産科」は島根県が54.8人と最も多く,埼玉県が28.0人と最も少ない。「外科」は長崎県が32.7人と最も多く,埼玉県が13.7人と最も少ない. 

◆ 人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数 

全国では219.0人で,前回に比べ6.1人の増 
最も多いのは京都府(286.2人),次いで東京都(285.4人),徳島県(283.0人) 
最も少ないのは埼玉県(142.6人),次いで茨城県(158.0人),千葉県(164.3人)

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-07 01:00 | 医療