弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 12月 12日 ( 3 )

私の好きな冬に聴きたい10曲

b0206085_14125934.jpg

事務局Hと私でそれぞれが好きな冬の曲をあげることにしました.
まずは,50代男性若干1名が選曲する冬の曲です.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ モーツァルト,ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466

映画「アマデウス」で.モーツァルトが雪の中酒場に行くシーンで第1楽章が使われていました.映画「アマデウス」のエンディングでは第2楽章が流れます.

◆ グリーグ,朝の歌

清少納言は「冬は つとめて」と書いています.「つとめて」は早朝の意味です.
そこで,朝の曲を一つあげます.
ペール・ギュント組曲の「朝の歌」は,本来サハラ砂漠の日の出の情景のはずなのですが,曲からは北欧のさわやかな冬の朝が想起されます.エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグがノルウェーの作曲家だからなのでしょうか.

◆ シベリウス,ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47

フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの曲は,冬にぴったりです.
「極寒の澄み切った北の空を、悠然と滑空する鷲のように」(シベリウス),第1楽章が始まります.
アンネ=ゾフィー・ムター氏とアンドレ・プレヴィン氏の演奏が好きです.演奏は1996年ですから,結婚,離婚の前です.

◆ シベリウス,樹の組曲作品15

「ピアノのための5つの小品」を,舘野泉氏が,「樹の組曲」と名付け,日本に紹介しました.広まったのは,曲の雰囲気もありますが,このネーミングの功績もあると思います.
第1曲-ななかまどの花が咲く時
第2曲-孤独な松の木
第3曲-はこやなぎ(ポプラ)
第4曲-白樺 
第5曲-樅の木

◆ リスト,雪あらし 

次は,フランツ・リストの「超絶技巧練習曲 Transcendental Etudes」の第12曲「雪あらし」です.
定番ですが,クラウディオ・アラウ氏で聴きたいです.

◆ ドビュッシー,雪の上の足跡

前奏曲集第1巻の第6曲です.「雪の上の足跡」
クリスティアン・ツィマーマン氏の演奏が好きです.

◆ ドビュッシー,雪は踊っている

子どもの領分の第4曲The Snow is Dancing です.繊細な名演奏が多いですが,一度,アレクシス・ワイセンベルグ氏の演奏を聴いてください.ドビュッシーの硬質な美しさがよくわかります.

◆ シューマン,トロイメライ

ローベルト・シューマンの「子供の情景 Op.15」の第7曲です
冬の暖かい室内で夢見心地の子ども,それがトロイメライです.
これも名演奏が多いのですが,私はウラディミール・ホロヴィッツ氏の演奏を繰り返し聴いてきました.

◆ チャイコフスキー,くるみ割り人形

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーのバレエ音楽くるみ割り人形は,クリスマス・イブの物語です.お菓子の国の魔法の城で,お菓子の精,花の精が踊る曲は,華やかでです.私は,すこし早めの演奏のほうが好きです.

◆ ホワイト・クリスマス

ビング・クロスビー氏の歌うホワイト・クリスマスは,アメリカの古き良き時代の象徴です.なにかほっとします.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-12 09:14 | 趣味

ダズンローズデー 

b0206085_1423347.jpg

今日12月12日は,桂由美さんと内田和子さんが提唱した,1ダースの薔薇を恋人に贈る日だそうです.このような記念日に閉口している男性も多いと思いますが,12月21日の遠距離恋愛の日よりはまだいいでしょう.12本の薔薇で愛情を表現することができるのですから.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-12 08:48 | 日常

「私は医者だが,見たところ大したことない」と言って事故現場から去った医師が逮捕される

b0206085_1422847.jpg

産経「スタンドでフェラーリ洗車後、店員はねる 容疑の医師逮捕 千葉・野田市」(2011年12月12日)は,次のとおり報じています.

「ガソリンスタンドで高級外車のフェラーリを洗車した後、店員をひき逃げしたとして、千葉県警野田署は11日、自動車運転過失傷害と道交法違反の疑いで、千葉県野田市中野台鹿島町、医師、××××容疑者(65)を逮捕した。同署によると、××容疑者は「ぶつけたのは確かだが、救急車が来るということなので、大丈夫だと思って帰った」と供述している。

 逮捕容疑は、同日午前10時55分ごろ、同市つつみ野のガソリンスタンドでフェラーリを洗車。終了後にバックした際、後ろで誘導していた男性店員(23)をはねて逃走したとしている。男性は左足に軽傷を負った。

 調べによると、××容疑者は店員をはねた後、いったん下車。店員の様子を一見して、「私は医者だが、見たところ大したことない」などと言い、店員が止めるのも聞かず、そのまま立ち去ったという。」


医師として,被害者店員の様子をみて,「大したことない」と判断し,店員が止めるのも聞かず,そのまま立ち去ったという事案です.
日頃大怪我した患者を診ている医師の感覚から,左足に軽傷を負ったくらいは業務上過失傷害の「傷害」にもあたらないし,道路交通法72条の「負傷者」にもあたらないと思ったのでしょう.

しかし,もちろん,業務上過失傷害の「傷害」とは,「人の生理機能を害すること」を意味しますから,業務上過失傷害にあたります.
道路交通法72条の救護義務違反にもあたります.

この医師は,2006年にも業務上過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されています.
このときも,左ひざに軽傷を負わせていますので,軽傷でも「傷害」「負傷者」にあたることを学習していると思うのですが.

「××容疑者は31日午前11時30分ごろ、同市中野台の市道で、水道管工事に伴う交通整理をしていた男性警備員(19)をはねて左ひざに軽傷を負わせ、逃げた疑い。××容疑者は、同市内にある野田中央病院(34床)も実質的に経営しており、事件当時は、クリニックから中央病院に向かう途中だった。
××容疑者は警備員の指示でいったん停車したが、突然車を発進させた。 調べに対し、「人をはねた認識はない」と容疑を否認。「自分で判断すれば、交通整理になど従う必要はない」と話しているという。」
(読売新聞2006年2月1日) 

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-12 08:14 | 司法