弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 01月 19日 ( 3 )

潮谷義子教授,最終講義「人権,平等,自己実現を図っていける社会へ,命がまっとうできる社会を」

b0206085_9565322.jpg

朝日新聞「長崎国際大・潮谷学長が3月退任 人権主題に最終講義」(2012年1月19日)は,次のとおり報じました.

「元熊本県知事で長崎国際大(長崎県佐世保市)学長の潮谷義子さん(72)は18日、学長の任期が切れる3月末で退任すると発表し、学内で最終講義をした。大学創立10周年の記念事業を昨年終え「一区切りついた」としている。

 知事を2期務め2009年から現職。長崎大や海外の大学と協定を結び「学際連携」を進めてきた。社会福祉学科教授として教壇にも立ち、最終講義はハンセン病問題などを題材に「人間回復」を語った。隔離政策や熊本・黒川温泉であった宿泊拒否問題を挙げ「人権、平等、自己実現を図っていける社会へ、命がまっとうできる社会を」と訴えた。」


潮谷義子教授は,2000年から2008年まで熊本県知事でした.自公の推薦を受けていましたが,キリスト教徒でしたし,川辺川ダム建設,水俣病認定基準などで自民党とは政策の違いが目立っていました.
2003年に,アイレディース宮殿黒川温泉ホテルがハンセン病元患者の宿泊を拒否した事件がおきたときは,毅然たる対応を貫きました.
きっと素晴らしい最終講義だったことでしょう.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-19 23:24 | 医療

少量のニコチンで記憶力がアップするという報告

b0206085_849478.jpg少量のニコチンで高齢者の記憶力がアップするという報告が報じられていましたが,これは,喫煙にも良いことがある,という意味ではありません.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

AFP「少量のニコチン、高齢者の記憶力回復に効果 米研究論文」(2012年1月12日)は,次のとおり報じました.

「バンダービルト大学(Vanderbilt University)メディカルセンターの研究チームは、平均年齢76歳で軽度の記憶力低下がある非喫煙者74人(元喫煙者を含む)を2つのグループに分け、それぞれニコチンパッチとプラセボ(偽薬)パッチをつけてもらい、約6か月間にわたって調査を行った。

 その結果、注意力や記憶力、さらには物事に対する理解の速度や確実性といった認識能力テストで、ニコチンパッチを付けたグループの方が、より優れた結果がみられたという。

 さらに調査開始から6か月後、長期記憶を調べたところ、ニコチンパッチを付けたグループでは約46%の回復がみられた一方、プラセボパッチを付けたグループでは約26%の減退がみられた。」


ニコチンから記憶力低下に対する薬剤を作ることができるかもしれない,という趣旨の報告です.
ニコチンには,依存性があり,害作用もあります.安全に長期使用できる量はこれからの検討課題です.

この記事が一般に広まって,一部で,タバコを吸うと記憶力がアップするという早飲み込みがあるようです.

しかし,この報告は,タバコ喫煙で吸収されるニコチンの量でテストしたものではありません.
研究チームのポール・ニューハウス教授によると,高齢者が喫煙することは推奨しない,とのことです.
タバコには,ニコチン以外の物質も含まれ,タバコ喫煙は発がん物質を体内に取り込むことになります.ニコチンの薬理作用を期待して,タバコ喫煙を行うということは,明らかに有害性のほうが大きいのです.

なお,ニコチンは薬理作用のある物質で,ニコチンを含むという1点だけでも,タバコは薬事法の規制下におかれるべきです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-19 21:35 | 医療

笹川陽平氏,ハンセン病に対する差別的な表現があるとしてアニメ映画の製作会社に修正,削除を求める

b0206085_9465498.jpg世界保健機関(WHO)のハンセン病制圧特別大使を務める笹川陽平氏は,2012年1月18日,アニメ映画「The Pirates! Band of Misfits」の予告編に,ハンセン病に対する差別的な表現があるとして製作会社アードマン・アニメーションズ(英)とソニー・ピクチャーズ・アニメーション(米)に修正,削除を求めました.

スポニチ「映画予告編の削除要請「ハンセン病差別の表現」」は,次のとおり報じています.

「日本財団によると、映画は「The Pirates! Band of Misfits」。予告編はインターネットで公開されており、アニメキャラクターが「らい病患者(leper)」と話し、腕が落ちるシーンがある。

 同財団は「leperという表現は国連人権理事会でも差別用語として指摘され排除勧告されている。腕がとれる症状はあり得ない」と指摘。誤解や偏見、差別を助長するとしている。」


当然,本編も変更しなければならないでしょう.

【追記】
英国と米国の製作会社は,映画本編と予告編から該当箇所を削除しました.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-19 01:15 | 医療