弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 03月 02日 ( 3 )

2012年3月3日沢田貴志医師ご講演「医療を受ける権利を守るために~外国人医療から見えてくるもの」

「医療を受ける権利を守るために~外国人医療から見えてくるもの」

講師:沢田貴志さん (医師・神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所長)

b0206085_2041216.jpg


☆ いま,医療を受ける権利は守られているのでしょうか。そして,これからは・・・・・・。

☆ 日本で暮らす外国人にとって重要な人権問題である医療に取り組まれている沢田さんの経験の中には日本のこれからを示唆することがたくさんあるように思います。

☆ 日本に住む誰でもが医療を受ける権利を守るために,<医療者と患者・市民>はどのように連携していけばいのか一緒に考えていきましょう。

☆ 港町診療所で、弱い立場にある外国人に対する医療に取り組まれている医師の沢田さんが、外国人医療から見えてくる現在の医療の問題点と人々の医療を受ける権利を守るために医療者と患者・市民がどのように連携していくべきかについてお話してくださいます。

☆ これからの日本の医療の在り方について考えたい人にとって必聴のお話です。


○日時: 2012年3月3日(土)
 患者の権利オンブズマン東京総会:13時~13時55分
      記念講演:14時~15時30分
 
○場所: 東京医科歯科大学医学部A棟地下1階臨床講堂

○主催:患者の権利オンブズマン東京 03-5363-2052 谷直樹法律事務所内
 
どなたでも参加できます 参加費無料 事前申込不要

tani naoki
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-02 06:16 | オンブズマン

薬害C型肝炎被害給付金,請求期限迫る

b0206085_7325051.jpg

「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」(平成二十年一月十六日法律第二号)は,公布の日から施行されました.
給付金の支給の請求には法律の行の日から起算して五年を経過する日まで,という期間制限があります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

静岡新聞「薬害C型肝炎検査呼び掛け 給付金請求期限まで1年」(2012年2月27日)は,次のとおり報じています.

 「薬害肝炎被害救済法に基づくC型肝炎ウイルス感染者の給付金請求期限が、残すところ1年を切った。全国には薬害による感染者が1万人以上いるとされ、県内の保健所などは無料のウイルス検査を受け付けている。県疾病対策課は「疑いがあれば、積極的に受診してほしい」と呼び掛ける。
 薬害によるC型肝炎ウイルス感染をめぐり、国を相手取った損害賠償請求訴訟が全国の裁判所で続いている。給付金を受け取るためには、2013年1月15日までにこの損賠訴訟に原告として加わり、国と和解する必要がある。ただ、感染者の原告参加率は全体的に低調だ。
 厚生労働省によると12年2月24日現在、全国で薬害によるC型肝炎ウイルス感染者は推定1万人以上いるが、国を相手取った全国の訴訟で、原告になっている感染者は2206人(うち1679人は和解)にとどまる。
 県内は同日現在、薬害肝炎東京弁護団県支部の推計では、感染者は少なくとも数百人はいるが、静岡地裁で係争中の訴訟の原告は感染者と遺族を合わせて33人(うち21人が和解)にすぎない。
 同弁護団県支部の佐野雅則弁護士は「ウイルスに感染しても長期間発症しないケースがあるため、自分が該当するか否かに興味を持っていない人が多くいる」と指摘する。
 弁護団は、給付金の請求期限をさらに5年間延長するため、政府や主な政党に対して、開会中の国会で改正法案を可決するよう求めているが、先行きは不透明だ。
 県疾病対策課によると08年4月から県は、県内の保健所と主な医療機関29カ所で、無料でウイルス検査を実施している。

 薬害C型肝炎 1970年代から80年代半ば、手術や出産時の止血剤として、ウイルスに汚染された血液製剤「フィブリノゲン」や「第9因子製剤」を使用したことで広がった。国は2008年1月16日、症状に応じて1人当たり1200万円~4千万円の給付金を支給する救済法を、5年間の時限立法として施行した。」


特定フィブリノゲン製剤又は特定血液凝固第IX因子製剤の投与を受けたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと人,およびその人の胎内又は産道においてC型肝炎ウイルスに感染した人は,相当の人数にのぼる筈です.この被害の大きさ,証拠収集の困難性,立証の壁などを考えると,来年1月で請求できなくなる,というのは,不合理と思います.給付金の請求期限をさらに5年間延長すべきでしょう.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-02 05:24 | 医療事故・医療裁判

睡眠薬と死亡・発がんリスク,Hypnotics' association with mortality or cancer: a matched cohort study

b0206085_7274944.jpgペンシルバニア州在住で睡眠薬を服用する健康な人1万500人と,睡眠薬を服用しない2万3600人を対象に,平均2年半にわたって観察研究を行っった結果,睡眠薬を服用する人は,死亡リスクが3.6倍から5.3倍高く,発がんリスクが3.5倍高いことが報告されました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

死亡リスクは、1年間の睡眠薬処方が多い人ほど高く,1年間に18服以下しか処方を受けていない人のリスクは3.6倍,1年間に132服を超える処方を受けていた人は5.3倍もリスクが高まっていました.
しかも,これは,観察期間平均2.5年という短い間での差です.

ただ,睡眠薬の副作用で命を縮めているとまでは断言できず,睡眠薬処方を必要とする人のほうがもともと死亡リスクが高い可能性もあります.

Hypnotics' association with mortality or cancer: a matched cohort studyご参照

Discussion
Patients with prescriptions for hypnotics had approximately 4.6 times the hazard of dying over an average observation period of 2.5 years as compared to non-users. These findings were robust with adjustment for multiple potential confounders and consistent using multiple strategies to address confounding by health status. A dose–response effect was seen. Among users in the highest tertiles of annualised dosages, the HRs for death were 5.3, 5.7 and 6.6, respectively, for all hypnotics, zolpidem alone and temazepam alone. This top third of users were prescribed 92.8% of all the prescription doses of hypnotics (supplemental figure 2). Those in the top third were also 35% more likely to develop a new major cancer.

Perhaps the most striking finding was that an increased hazard for death was present even in the lowest tertile of hypnotic use, such that hypnotic drugs were associated with a 3.6-fold increased risk of dying for patients using <18 hypnotic pills per year. Several strategies to discover biases that could account for this hazard, even at low levels of use, revealed none. Nonetheless, some residual confounding is inevitable in our results as a consequence of factors that were inadequately assessed. However, considering the minimal impact of the major confounders for which we did control upon the HRs, we think it unlikely that confounding explains the high mortality that we found associated with hypnotics.・・・・

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-02 04:36 | 医療