弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 04月 16日 ( 2 )

全国医師ユニオン,「勤務医労働実態調査2012」の実施要領を発表

b0206085_19294353.jpg
キャリアブレイン「勤務医の労働実態把握し、改善策提言-医師ユニオンが調査実施要領を発表」(2012年4月16日)は,次のとおり報じています.

「全国医師ユニオン(植山直人代表)は15日、年内にまとめる「勤務医労働実態調査2012」の実施要領を発表した。5月中旬から調査を開始し、10月にも結果を発表する。植山代表は、「単にアンケートの結果発表でなく、労働実態が改善されていなければ、具体的な提言を要請していく」と述べた。各医療団体などにも協力を要請し、全国規模のアンケート調査を目指す。

 今回の勤務医労働実態調査は、これまでの診療報酬改定などを通じた勤務医の負担軽減策の効果を検証するため、日本医療労働組合連合会(医労連)が5年前に実施した「医師の労働実態調査」をベースに質問項目を作成する。アンケート調査の対象は、3000人程度を目標にしている。

 このアンケート調査の質問には、▽夜間、休日の救急医療や重症者対応の勤務体制▽宿直明け後の勤務の有無▽医事紛争の経験の有無▽精神的なストレスについて▽特定看護師制度に賛成か反対か―などが盛り込まれる見通し。

 全国医師ユニオンは同日に、このアンケート調査の実行委員会を立ち上げた。同実行委員会の世話人には、植山代表の他に、本田宏氏(済生会栗橋病院院長補佐)、中原のり子氏(中原過労死裁判原告)、住江憲勇氏(全国保険医団体連合会会長)らが名を連ねている。」


勤務医の過重労働問題は,医療における人権保障の問題であり,医療の根幹の問題です.
労基法違反の事実がどれくらいあるのか,明らかにしていただきたいと思います.

提言では,医療費を増やすべきと主張できるか,医療秘書を含め医療従事者の増加の必要性を訴えることができるか,医療施設の集約化,偏在解消の具体策に踏み込めるか,注目したいと思います.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-16 23:45 | 医療

政府・民主党,薬害肝炎原告団との約束を守らず,薬事法改正案を国会提出見送り

b0206085_19261156.jpg

「第三者組織」は,最終提言に基づくものであり,政府=民主党はそのための薬事法改正を準備し,今国会提出を約束していました.ところが,政府=民主党,消費税法案を通すために,薬事法改訂案の提出を見送る,というのです.

msn産経「薬事法改正案、今国会提出を断念 政府・民主 薬害肝炎原告団との約束を反故」(2012年4月16日)は,次のとおり報じています.

「政府・民主党は15日、医薬品行政を監視・勧告する「第三者組織」の設置を盛り込んだ薬事法改正案の今国会への提出を断念した。野田佳彦首相が「政治生命を懸ける」と表明した消費税増税関連法案の審議を優先させるためだが、平成20年の薬害肝炎訴訟を教訓に、民主党の歴代厚生労働相は薬害肝炎原告団に対し「今通常国会への法案提出」を約束していただけに、関係者からは批判が出ている。

 「第三者組織」は、国家行政組織法第8条に基づき、薬害の発生や拡大を未然に防ぐために設置する。20年に原告団と舛添要一厚労相(当時)が交わした基本合意書に、設置することが盛り込まれていた。

 政権交代後の22年には、長妻昭厚労相(同)が原告団との公開協議で「24年の通常国会に法案を提出できるよう制度設計を詰める」と表明。23年には細川律夫厚労相(同)も「薬事法改正案を24年の通常国会に提出する」と述べていた。

 ところが、小宮山洋子厚労相は今年3月の衆院厚生労働委員会で「今国会の法案提出は難しい」と述べた。小宮山氏は、衆参両院への設置が見込まれる社会保障と税の一体改革に関する特別委員会に常時出席する可能性が高く、民主党国対幹部は「薬事法改正案の審議まで手が回らなくなる」と指摘する。

 政府・民主党は、衆院選マニフェスト(選挙公約)に記した後期高齢者医療制度の廃止法案についても今国会での審議を見送る方針で、消費税法案の審議の影響を受ける法案は今後続出しそうだ。

 「第三者組織」設置の見送りについて、山口美智子原告団長は産経新聞の取材に対し「首相には国民の命を思う姿勢がない」と批判している。」


政府・民主党が約束を守らないのは,これに限ったことではありませんが,薬害肝炎弁護団との約束を反故にすることは許されることではありません.

また,薬害肝炎救済立法は5年の時限立法ですが,医療機関に保存されているカルテなどの記録調査は遅々としてすすんでいませんので,今国会で期限延長を成立させる必要があります.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-16 14:19 | 医療