弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 05月 31日 ( 2 )

日本顎顔面インプラント学会の調査,インプラント治療3年間421件の重篤な医療トラブル

NHK「インプラント 重篤トラブル400件余」(2012年5月31日)は,次のとおり報じています.

「あごの骨に金属を埋め込んで人工の歯を取り付けるインプラント治療で、手術の際に神経を傷つけてしびれが残ったなどの重篤な医療トラブルが去年までの3年間に全国で400件余り起きていたことが、専門の歯科医師などで作る学会の初めての実態調査で明らかになりました。

この調査は、インプラント治療を巡るトラブルが後を絶たないことを受けて「日本顎顔面インプラント学会」が、口くう外科がある病院や歯科大学の付属病院など、地域の拠点となっている全国の79の施設を対象に初めて行ったもので、9割を超える74施設から回答がありました。

それによりますと、歯科医院などでインプラントの手術を受けたあと再治療が必要になった重篤な医療トラブルは、去年までの3年間で合わせて421件報告されました。
このうち、あごの骨の中を通る神経を傷つけて、しびれやマヒなどが残ったケースが158件で最も多く、全体の4割近くを占めました。
また、インプラントが上あごの骨を貫通し、誤って眼の下にある「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞内に入ったケースが63件。
このほか、経過観察を十分しなかったため骨粗しょう症の治療薬の影響などでインプラント周辺のあごの骨がえ死したケースが10件報告されました。

実態調査を行った「日本顎顔面インプラント学会」の瀬戸理事長は「インプラント治療が急速に広がるなか、歯科医師は、基本的な技術や知識を身につける必要がある。患者の側も、手術のリスクや、服用している薬の影響などについて十分説明してくれる歯科医師を選んでほしい」と話しています。

学会は、今回の実態調査の結果を詳しく分析して再発防止策を検討するとともに、来月1日から安全対策の1つとして、インプラントの手術日をはじめメーカーの名前や種類、それに、服用している薬の名前などを歯科医師が記入して患者に渡す「インプラント手帳」の取り組みを全国に79か所ある学会の「認定医療機関」で始めることにしています。」


インプラントの被害については,医療問題弁護団(東京03-5698-8544)への相談をお奨めいたします.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-31 21:53 | 医療事故・医療裁判

高松地裁平成24年5月30日判決,事前の説明と異なる手術が施されたとして北海道大学病院側に660万円賠償命令

日本経済新聞「北大病院側に660万円賠償命令 高松地裁」(2012年5月30日)は,次のとおり報じています.

「北海道大病院で受けた手術で、首から下の感覚まひなど深刻な後遺障害を負ったとして、香川県さぬき市の女性と夫が大学側に計約2億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、高松地裁は30日、大学側に計660万円の支払いを命じた。女性側は控訴する方針。

 判決理由で横溝邦彦裁判長は「事前の説明とは異なる手術をする可能性やその際のリスクについて説明義務を怠り、手術における患者の選択権を侵害した」と指摘した。

 判決などによると、女性は動脈と静脈が毛細血管などを介さず直接つながってしまう病気を発症。1996年に北大病院で診療を受け、事前の説明と異なる手術が施された。

 判決後、女性側の代理人を務める久保和彦弁護士は「主張が認められた部分も多いが、手術で症状が悪化したという女性側の主張が認められなかったことは遺憾」とコメントした。

 久保弁護士によると、2004年の提訴時は計約1億1600万円を求めたが、その後発生した静脈瘤(りゅう)を病院が見落とし、症状が悪化したとして、請求額を増やした。〔共同〕」


裁判所の土地管轄は,病院所在地の裁判所,患者の住所地の裁判所,いずれにもありますので,原告は選択ができます.ですから,このように,国立大学法人北海道大学を被告にして高松地裁に提訴することもできます.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村saikousai
by medical-law | 2012-05-31 00:58 | 医療事故・医療裁判