弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 06月 09日 ( 2 )

新潟県立小出病院,「内視鏡検査結果の誤説明」について

新潟県立小出病院は,平成19年5月,主治医が,前年の内視鏡検査結果を見て誤った説明をしたため,診断であったが,早期食道がんの治療がなされず,平成23年12月に進行がん都心団された事案について,そのサイトに,「「内視鏡検査結果の誤説明」について 」を掲載しています.

新潟県立小出病院の「「内視鏡検査結果の誤説明」について」は,以下のとおりです.

「1 患 者  魚沼市内の60歳代の男性

2 経 過
(1) 平成18年6月、胃検診で異常があったため、当院で内視鏡検査を実施。がん細胞は認められなかったが要経過観察となる。
(2) 平成19年5月、内視鏡検査を実施したところ、早期食道がんの診断であったが、担当医師が誤って前回(平成18年6月)の検査結果を説明したため、その後治療がなされなかった。
(3) 平成23年12月、飲み込みづらさを訴え受診。検査の結果、進行食道がんと診断。
(4) 平成24年3月、他院にて食道がんの手術実施。

3 事故の原因
 平成19年5月の説明時に、担当医師による検査結果報告書の日付確認が不十分だったため、誤って平成18年6月の検査結果を説明してしまった。
 誤った説明により、要経過観察と同じ状態となったが、その後再検査を実施したかどうかの追跡調査を行っていなかった。

4 再発防止策
(1) 検査結果報告書の患者説明日欄、医師サイン欄への記入徹底。同報告書に、説明日と主治医のサインが記入してあることを検査担当医師が確認をする。
(2) 悪性が疑われるケースの再検査は、該当する患者さんが来院し、再検査を実施したかどうかを確認する。来院していない場合は、受診を勧める。」


このような検査記録のとりちがえミスについてもときどき相談があります.

NST新潟総合テレビ「小出病院で医療事故 検査結果取り違えがん進行」(2012年6月8日) は,次のとおり報じています.

「県立小出病院は8日に会見を開き、魚沼市に住む60代の男性患者に内視鏡の検査結果を誤って説明し、適切な治療をせず食道がんが進行する医療事故があったと発表しました。小出病院によりますと、この男性患者は2006年6月に胃の検診で異常があったため小出病院で内視鏡の検査を受けましたが、がん細胞は見つからず、2007年5月の再検査で早期の食道がんが見つかりましたが、担当の内科医は誤って前の年の異常はないという検査結果を男性に伝えたため治療は行われなかったということです。そして2011年12月に男性が3回目の検査を受けたところ進行していた食道がんが発見されました。男性は今年3月に他の病院で手術を受け、次第に回復しているということです。小出病院ではこの男性患者に謝罪し、補償について話し合うことにしています。」

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-06-09 18:18 | 医療事故・医療裁判

市立湖西病院,24年前のガーゼ1枚取り残し事案で230万円和解(報道)

静岡新聞「腹部に20年ガーゼ 湖西病院、医療ミスで和解」(2012年6月8日)は,次のとおり報じています.

「湖西市の市立湖西病院が24年前、胆のうの摘出手術を行った同市内の男性患者=当時(34)=の腹部にガーゼを取り残す医療ミスを起こしていたことが7日、分かった。男性は市に慰謝料を求める調停を浜松簡裁に申し立て、市が230万円を支払うことで既に和解が成立している。
 市によると、男性は1988年11月、湖西病院で胆のうの摘出手術を受けた。この手術で腹部を切開した際、体内にガーゼ1枚を誤って取り残したとみられる。
 男性は20年間にわたって通常の生活を送っていたが、2008年に体調不良を訴えて同病院へ再び通院。検査したところ、ガーゼの周囲にこぶ状の腫瘍ができていることが分かり、腫瘍とガーゼの摘出手術をあらためて行ったという。市は7日の市議会6月定例会で和解成立を報告した。同病院の寺田肇院長は「患者に多大な辛苦を与え、大変申し訳ない。今後はミスが再発しないよう万全を期したい」としている。」


一般に,不法行為に基づく損害賠償請求権に関する20年の期間制限(724条後段)は, 除斥期間で,当事者が援用しなくても裁判所は請求権が消滅したものとして判断すべきである,とされています(最高裁平成元年12月21日判決,民集43巻12号2209頁).
本件のような場合それでは不合理ですので,最高裁平成16年)10月15日判決(民集58巻7号1882頁),最高裁平成18年6月16日判決(民集60巻5号1997頁)から,2008年に体調不良を訴えて同病院へ再び通院し検査しガーゼの周囲にこぶ状の腫瘍ができていることが分かった時点から起算すると解することができます.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-06-09 18:06 | 医療事故・医療裁判