弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 07月 24日 ( 1 )

日本海総合病院,2人の看護師が同じ日に同じ患者のカルテに不正アクセス(報道)

スポーツニッポン「「知り合いなので興味あった」看護師がカルテ不正閲覧」(2012年7月24日)は,次のとおり報じています.

「山形県酒田市の日本海総合病院(栗谷義樹病院長、646床)で、看護師2人が患者の電子カルテを不正に閲覧したとして3月に訓告処分されていたことが24日、情報公開請求に基づき開示された文書などで分かった。

 病院を運営する山形県・酒田市病院機構によると、外部への情報漏れなどは確認されていない。カルテには病名をはじめ患者の個人情報が含まれているため、ほとんどの病院で閲覧は厳しく制限されている。

 同病院によると、2人は40代の男女で、別の部署に所属。2月14日、同じ患者の電子カルテをそれぞれ閲覧していた。女性看護師は「患者が知り合いだったので、興味があった」とし、男性看護師は「前の職場にいた時から閲覧の習慣があった」と話しているという。病院が実施した不正閲覧の調査で2人の閲覧履歴が見つかった。

 酒田市病院機構の脇川清道法人管理部長は「再発防止のため職員への指導を徹底したい」としている。」


医療者が知り合いだからという個人的関心でカルテ(個人情報)を閲覧するのは,不正アクセスです.
別の部署に属する2人の看護師が同じ日に同じ患者のカルテに不正アクセスしたのは,偶然ではなさそうです.
本件で,不正アクセスが発覚したのは,電子カルテで閲覧履歴が残っていたからです.紙カルテですと,不正閲覧の発見は難しいでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-24 19:11 | 医療